ニュースニュース
最短納期1営業日 プライベートクラウド環境をパッケージ化して、企業のクラウド導入を支援
  • 2014-02-12
  • GMOクラウドWEST

最短納期1営業日 プライベートクラウド環境をパッケージ化して、企業のクラウド導入を支援

最短納期1営業日
    プライベートクラウド環境をパッケージ化して、企業のクラウド導入を支援
~HA構成*1標準搭載による可用性を追求、仮想マシンが自由に作成可能なハイパーバイザー提供~

 GMOインターネットグループでGMOクラウド株式会社の連結会社、GMOクラウドWEST株式会社(代表取締役社長:増田 義弘 以下、GMOクラウドWEST社)は、ホスティングサービスブランド「WADAX」において、企業利用に最適なプライベートクラウドサービスをわかりやすいプランで導入できる「WADAXプライベートクラウド」を、本日2014年2月12日(水)より提供開始いたします。

*1:HA構成とは、サーバー負荷や障害への耐性(可用性)の高いサーバー構成のこと。

 「WADAX」でのプライベートクラウド提供の背景

  近年、社内のアプリケーションやソフトウェア、サーバーの統合管理で運用の効率化とコスト削減が実現できる、クラウドサービスへの関心が高まっています。特にお客様ごとにサーバーのリソースを専有できるプライベートクラウドサービスは、冗長化にも対応するほか、セキュリティや可用性(サーバー負荷や障害への耐性)が高く、規模や用途に応じた柔軟なシステム構成が可能なことから、導入する企業が急増しています。
 しかし、一般的なプライベートクラウドサービスは、サーバーのリソースを専有できて柔軟である反面、プランやオプションの種類の豊富さから最適なサービスが分かりにくい場合が多く、導入に踏み切れない企業も多数存在します。
 このような流れを受けてGMOクラウドWESTは、クラウド環境をパッケージ化し、分かりやすいプラン構成にしたプライベートクラウドの提供を開始いたしました。「WADAXプライベートクラウド」は、専用サーバーサービス「WADAX専用サーバー」とのハイブリッド構成*2も可能で、お客様のご利用シーンに合わせた環境構築をサポートいたします。

*2:データセンター内で両サービスのお客様のサーバーをローカルネットワークで繋ぎます。これにより、サーバー間の通信をスムーズに行うことができます。

【「WADAXプライベートクラウド」5つの特長 】
URL:http://www.wadax.ne.jp/service/private-cloud/   

特長1.必要なものはすべて一括提供!すぐに始められるHA構成のプライベートクラウド
 「WADAXプライベートクラウド」では、サーバー環境(仮想サーバー)のゲストOS*3として、LinuxやWindowsなどお客様のお好みのOSをご用意いただくだけで、最短1営業日で納品いたします。そのためスピーディにシステム構築や自社設備からのデータ移行を開始していただけます。
プライベートクラウドの基盤は、仮想化用ソフトウェアとして実績のあるVMwareによるハイパーバイザー型(2台)とストレージで構成された仮想環境で、インターネット回線やグローバルIPアドレス、HA構成などをパッケージ化して一括提供いたします。ゲストOSの設定や仮想サーバー(VM)の新規作成は、仮想環境ハイパーバイザー管理画面(VMware vCloud® Director™)から自由にセットアップしていただけます。

*3:ゲストOSとは、コンピュータ上に別のコンピュータ環境を用意する「仮想マシン」環境。

wadax20140212.png

特長2. 「WADAX」ならではのマネージドサービスでプライベートクラウドの運用を支援
 専任のサーバー管理者がいない企業様にもプライベートクラウドを導入いただけるよう、これまで「WADAX」のホスティングサービスの提供で培ってきたWADAXマネージドサービスを「WADAXプライベートクラウド」でもご提供いたします。「WADAXプライベートクラウド」は自由度が高い一方で、VMwareや仮想サーバーの構築・運用にサーバーの専門知識や技術が必要となります。「WADAX」ではこうした技術や知識を持たなくてもご利用いただけるよう、複雑な作業を低コストで代行する「WADAXマネージドサービス」をご用意しております。本サービスをご利用いただくことで、人員不足や人材コスト増の解消が見込め、お客様はサーバー運用以外の業務に専念することができます。

特長3.「WADAX専用サーバー」とのハイブリッド構成可能
 「WADAX専用サーバー」と「WADAXプライベートクラウド」のハイブリッド構成にすることで、お客様からニーズの多かった、クラウドの拡張性と専用サーバーの機密性を兼ね備えた環境が構築可能です。これにより、システムの拡張や効率的なシステム運用を実現できます。例えば、アクセス増や大量のメール処理などにより、急な拡張性が求められるWEBサーバーやメールサーバー、アプリケーションサーバーとしての利用はプライベートクラウドで、顧客情報や経営資料など機密性の高い情報は専用サーバーで管理するなど、リスクマネジメントの観点を取り入れながら用途や規模に応じたご利用が可能です。

特長4.WADAXならではのセコムIPS/DDoSを標準搭載
 近年増加している大規模なDDoS攻撃や不正アクセスを予防するべく、サーバーへの攻撃を24時間監視するセコムトラストシステムズ社の「セコム不正侵入検知IPS/DDoS」を標準搭載しています。お客様ごとのネットワークシステム環境に応じて、大規模なDDoS攻撃や各種の不正アクセスを対象とした「WADAXプライベートクラウド」の運用ポリシーを作成し、セキュリティ脅威となる事象インシデント発生時には、即座にそれを「防御」します。同時に、状況に応じてGMOクラウドWESTよりお客様へご連絡いたしますので、お客様システム管理者の負荷を大幅に低減します。

特長5.SINET4やLGWANとの接続も提供可能
 「WADAXプライベートクラウド」では、日本全国の大学や研究機関等の学術情報基盤として国立情報学研究所が運営している学術情報ネットワーク(SINET4)や、地方公共団体を相互に接続し、コミュニケーションの円滑化や情報の高度利用を図るための基盤として整備された総合行政ネットワーク(LGWAN)との接続も有償でご利用いただけます*4。これにより、“学術クラウド”や“自治体クラウド”として学校や研究機関、また地方公共団体におけるプライベートクラウド運用にも最適です。

*4:ご利用料金は、お見積りとなります。接続開発が必要になるため納期が必要となります。

 

 

<「WADAXプライベートクラウド」基本料金>(金額は全て税込)
プラン
初期費用 月額費用
スタンダードプラン
15万7,500円 12万6,000円
<「WADAXマネージドサービス」利用料金>(金額は全て税込)
  作業内容 料金   作業内容 料金
1 ハイパーバイザーの起動/停止(再起動) 3,150円 7 仮想サーバーへのVMWare
Toolsのインストール
5,250円
2 仮想サーバー作成(OSインストールなし) 5,250円 8 仮想サーバーのスナップショット取得 5,250円
3 仮想サーバーの起動/停止(再起動) 3,150円 9 仮想サーバーのvMotion作業 5,250円
4 仮想サーバークローン作成 5,250円 10 コンテンツDNSサーバーの構築(Linux/BIND) 都度、お見積もり
5 仮想サーバーテンプレート作成 5,250円 11 仮想サーバーのOSインストール 都度、お見積もり
6 仮想サーバーの仮想ハードウェアの追加・変更 5,250円 12 その他設定支援 都度、お見積もり

 

<「新サービスリリース記念キャンペーン! 初期設定費用 0円キャンペーン」概要>(金額は全て税込)
期間
2014年2月12日(水)~2014年3月31日(月)
対象
期間中に「WADAXプライベートクラウド」をお申込みいただいたお客様
内容
「WADAXプライベートクラウド」の 初期費用15万7,500円が無料
URL
http://www.wadax.ne.jp/campaign/private-cloud_140212.html

「GMOクラウドWEST株式会社」とは

 GMOクラウドWEST社は、"NO!と言わないサポート"と"安心・安全の「あたりまえ」を守り続ける"をモットーに挑戦し続けるエンジニア集団で、2000年のホスティングサービス開始以来、4万を超える法人・個人のお客様にサービスをご利用いただいています。特に共用・専用サーバーサービスを展開するホスティングサービスブランド「WADAX」は、当社の主力サービスとして、多くの方にご利用いただいております。GMOクラウドWEST社は、今後もお客様により安心・安全なサービスをご提供できるよう、サービス開発に努め、サポート力とホスピタリティを持って事業に邁進してまいります。
 
 

【サービスに関するお問い合わせ先】

◆GMOクラウドWEST株式会社 クラウド営業部 竹村・三島
TEL:06-6456-2828 FAX:06-6456-2818 E-mail:info@wadax.ne.jp
 

【報道関係お問い合わせ先】

◆GMOクラウド株式会社 コーポレート部 遠藤・松下
TEL:03-6415-6100 FAX:03-6415-6101  E-mail:pr@gmocloud.com
 
◆GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 細田・石井
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp
 
 

【GMOクラウドWEST株式会社 会社概要】

会社名
GMOクラウドWEST株式会社 <http://w.gmocloud.com/>
所在地
大阪府大阪市北区梅田2丁目4番9号 ブリーゼタワー23階
代表者
代表取締役社長 増田 義弘
事業内容
■ホスティングサービス事業 
■ハウジングサービス事業
■インターネットサービスプロバイダ事業

【GMOクラウド株式会社 会社概要】

会社名
GMOクラウド株式会社 <http://www.gmocloud.com/>
(東証マザーズ 証券コード:3788)
所在地
東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者
代表取締役社長 青山 満
事業内容
■ホスティングサービス事業 
■セキュリティサービス事業

【GMOインターネット株式会社 会社概要】

会社名
GMOインターネット株式会社 <http://www.gmo.jp/>
(東証第一部 証券コード:9449)
所在地
東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者
代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容
■WEBインフラ・EC事業
■インターネットメディア事業
■インターネット証券事業
■ソーシャル・スマートフォン関連事業

 

  • 当サイトではプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバー証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバー証明書の検証結果をご確認ください。

  • DNV

    ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」並びに「JIS Q 27001:2006」を2006年11月に取得しました。

  • 当サイトでは、高機能マルウェア検知通知ツールのWebAlertにてマルウェアの検知を行い、Webサイトの安全性を維持しています。