情報セキュリティ情報セキュリティ

情報セキュリティ

情報セキュリティ宣言

 

当社にとって情報資産(情報および情報システム等)は、ホスティングサービス事業、ソフトウェアのライセンス販売事業等の当社のビジネス活動において、利益を生み出していくための源泉として最も重要な資産であり、また情報セキュリティ事故を未然に防止することは、社会的な責務である。 当社は、情報セキュリティ上の脅威から情報資産を保護するために、情報資産を正確かつ安全に取り扱い、経営戦略に沿った情報セキュリティを実現するとともに、お客さまの信頼に応えていくことをここに宣言する。

 

1. 当社は、重要な情報資産の機密性、完全性、可用性の確保に努める。
2. 当社は、お客さまとの契約と法的または規制要求事項を尊重する。
3. 当社は、情報セキュリティを確立するための諸施策を確実に実施する。
4. 当社の情報資産の利用・運用に係る全要員は、情報セキュリティ関連規則を遵守する。

2011年04月01日
GMOクラウド株式会社
代表取締役社長 青山 満

 

ISMSの国際規格「ISO/IEC27001:2005」「JIS Q 27001:2006」取得について

GMOクラウド株式会社(代表取締役社長:青山満URL:http://ir.gmocloud.com/)は、2006年11月16日付けで、情報セキュリティ管理のグローバル・スタンダード基準とされる第三者認証基準であるISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」並びに「JIS Q 27001:2006」を取得いたしました。

画像

ISMSとは、財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)が運営する適合評価制度の基準で、情報セキュリティ対策のみならず、組織全体に渡ってセキュリティ管理体制を構築・監査し、リスクマネジメントを実施することで、企業が保護すべき情報資産の「機密性」「可用性」「完全性」を、バランスよく維持し改善していくことを要求するものです。

認証を取得した弊社は、ホスティングサービス事業およびソフトウェアのライセンス販売事業を通じて多くのお客さまの情報をお預かりしております。お客さまの情報を取り扱う企業として責任は重大であり、適切な保護措置を講じることが極めて重要であると認識し、これまでも社内基準を設け厳重な運用を行ってまいりましたが、この度の認証取得により、情報セキュリティのマネジメントが高度なレベルで維持・運用されていることが、客観的に証明されたことになります。

これをひとつの通過点とし、今後もお客さまから一層信頼していただける企業であり続けるため、情報セキュリティマネジメントの維持・運用および改善に努めてまいります。

認証登録の概要

認証基準 ISO/IEC27001: 2005JIS Q 27001:2006
事業者名称 GMOクラウド株式会社
認定範囲 セルリアンタワーオフィスおよび東京データセンターにて取得
ホスティングサービス事業及び
ソフトウェアライセンス販売事業 適用宣言書 第1.2版
登録日 2006年11月16日
認証証明書番号 01734-2006-AIS-KOB-JIPDEC
認証機関 DNV CERTIFICATION, JAPAN
  • 当サイトではプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバー証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバー証明書の検証結果をご確認ください。

  • DNV

    ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」並びに「JIS Q 27001:2006」を2006年11月に取得しました。

  • 当サイトでは、高機能マルウェア検知通知ツールのWebAlertにてマルウェアの検知を行い、Webサイトの安全性を維持しています。