ニュースニュース
日立ビジネスとモバイル・テレワークマーケット開拓で業務提携
  • 2007-04-19
  • ラピッドサイト

日立ビジネスとモバイル・テレワークマーケット開拓で業務提携

 日立ビジネスソリューション株式会社(以下、日立ビジネス)と、GMOインターネットグループのGMOホスティング&セキュリティ株式会社(以下、GMO-HS)は、中小規模企業およびSOHO事業者を対象とした、モバイルワーク・テレワークマーケット市場の開拓を目的に業務提携いたしました。

 その第一弾として、日立ビジネスで販売しているテレワークに最適な装置と利用環境をひとまとめにした「お手軽リモートアクセス」を4月19日(木)よりGMO-HSのホスティングブランド「ラピッドサイト」を通して販売いたします。

◆ ◆ ◆

 近年、ワークライフバランスの重要性が高まる中、育児・介護と仕事の両立、女性や高齢者の就業機会の拡大等、柔軟な勤務形態の実現が求められ、在宅ワークやモバイルワークといった、テレワークを新たな勤務形態として取り入れる企業が増加しています。特に中小規模企業やSOHO事業者(*3)にとっては、ITの活用による労働生産性の向上・業務の効率化のためにも従業員の新しいワークスタイルの実現が切実な課題となりつつあります。行政においても生産性の向上や環境負荷を軽減する対策としてこのような活動を支援する動きがあり、2010年までにテレワーク人口を就業者人口の20%とすることを目標に掲げ(*1)、テレワーク用IT設備購入促進のための税制優遇を行う等様々な措置を講じています。

 このような状況に合わせ、日立ビジネスとGMO-HSは、モバイル・テレワーク用IT設備の提供を通してテレワークを促進させるべく、今回の業務提携に至りました。日立ビジネスの技術力とGMO-HSの販売力を組み合わせ、シンクライアント化(*2)、ネットワーク上のセキュリティ確保、盗聴防止、社内システムへのなりすまし侵入防止など、テレワークにおいて不可欠なセキュリティをひとまとめにして中小規模企業およびSOHO事業者へ向けて提供いたします。

(*1)出展: 2006年1月に政府のIT戦略本部が発表した「IT新改革戦略」(PDF:226.6KB)
 (http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/kettei/060119honbun.pdf)
(*2) シンクライアントは、端末(PC)の機能自体にデータの記憶領域を持たないので、情報漏洩の防止に最適です。
(*3) PCなどの情報通信機器を利用して、小さなオフィスや自宅などでビジネスを行っている事業者のこと。


■「お手軽リモートアクセス」について
(参考URL:http://www.rapidsite.jp/product/support/environment/remote/index.html
 「お手軽リモートアクセス」とは、日立製作所のモバイルシンクライアント製品「セキュリティPC」と「リモートアクセスサービス」を組み合わせたテレワークに最適な商品です。ADSLなどのインターネット接続環境を通じて、外出先や自宅から、オフィスのコンピュータに接続し、目の前にある時と同じように操作することができます。モバイルシンクライアントは記憶領域を持たないので、PCの紛失・盗難などによる情報漏洩被害を防ぐことが可能です。

 また、オフィスのコンピュータ設備・ネットワーク設備・セキュリティ設備に影響を与えずに導入することが可能です。



<「お手軽リモートアクセス」主な機能>
●リモートコントロール機能
外出先や自宅から、オフィスにある自席PCのデスクトップをリモート操作することができます。
●スクリーンオフ機能
リモート操作中の自席PCのディスプレイをスクリーンオフするため、内容を他人に見られません。
●リモートパワーオン機能
オフィスの自席PCの電源がOFFになっていても外部から起動できます。
●個人認証
USB認証キーにはデジタル証明書を格納しており、パスワードによる認証とともに不正アクセスを防止します。

<利用価格>
1ユーザパック 10ユーザパック 25ユーザパック
初年度導入費用(税込)** 252,210円×1台 237,510円×10台 230,160円×25台
年間利用料金(税込)*** 63,000円×1台 50,400円×10台 44,100円×25台
**1ユーザにつき、PC(FLORA Se210)本体×1台、USB認証キー×1個、搬入費用(関東・甲信地区)、リモートクライアントソフトウェアの1年分の利用料金が含まれています。
***リモートクライアントソフトウェアの2年目以降の年間利用料金です。

 国内に約14万の中小規模企業中心とした顧客を抱え、約4,000社強の国内代理店による販売ネットワークを持つGMO-HSが、モバイルワーク・テレワークシステム開発に豊富な実績を持つ日立ビジネスの製品・システムサービスの販売を行うことで、市場ニーズをにらみ、新たな市場を開拓し対象サービスの拡大を目指します。


【サービスに関するお問い合わせ先】
◆日立ビジネスソリューション株式会社 システムソリューション営業部 三友
TEL:045-224-6756 FAX:045-224-6719 E-mail:domobile-sol@hitachi-business.com

【報道関係お問い合わせ先】
◆日立ビジネスソリューション株式会社 総務部 宮本
TEL:045-224-6111 FAX:045-224-6119 E-mail:info@hitachi-business.com
◆GMOホスティング&セキュリティ株式会社 経営企画室・広報担当 加藤
TEL:03-6415-6100 FAX:03-6415-6101 E-mail:pr@gmo-hs.com
◆GMOインターネット株式会社 グループ広報チーム 細田・石井
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611 E-mail:pr@gmo.jp

【日立ビジネスソリューション株式会社 会社概要】
会社名 日立ビジネスソリューション株式会社<http://hitachi-business.com/>
(東証第一部 証券コード:4738)
所在地 神奈川県横浜市中区桜木町1丁目1番地8 日石横浜ビル
代表取締役社長 木村 伊九夫
事業内容 ■パッケージソリューション事業
■システム構築&サービス事業
■ソフトウェア開発事業
■情報機器販売事業
資本金 35億6,000万円

【GMOホスティング&セキュリティ株式会社 会社概要】
会社名 GMOホスティング&セキュリティ株式会社<http://gmo-hs.com/>
(東証マザーズ 証券コード:3788)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役社長 青山 満
事業内容 ■ホスティングサービス事業
■セキュリティ事業
資本金 9億206万円

【GMOインターネット株式会社 会社概要】
会社名 GMOインターネット株式会社 <http://www.gmo.jp/>
(東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役会長兼社長 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネット活用支援事業(ネットインフラ事業)
■インターネット集客支援事業(ネットメディア事業)
■インターネット金融事業(ネット金融事業)
資本金 71億4,829万円
※本文中に記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。 
※プレスリリースに記載されている情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

以上

  • 当サイトではプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバー証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバー証明書の検証結果をご確認ください。

  • DNV

    ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」並びに「JIS Q 27001:2006」を2006年11月に取得しました。

  • 当サイトでは、高機能マルウェア検知通知ツールのWebAlertにてマルウェアの検知を行い、Webサイトの安全性を維持しています。