ニュースニュース
サーバー負荷が急増した時自動的にサーバースペックを増強する「オートスケール機能」を7月中旬からクラウドサービス「True CLOUD」で提供開始
  • 2010-06-16
  • 旧アイル

サーバー負荷が急増した時自動的にサーバースペックを増強する「オートスケール機能」を7月中旬からクラウドサービス「True CLOUD」で提供開始

GMOホスティング & セキュリティ
サーバー負荷が急増した時自動的にサーバースペックを増強する「オートスケール機能」を
7月中旬からクラウドサービス「True CLOUD」で提供開始

GMO インターネットグループのGMOホスティング & セキュリティ株式会社(代表取締役社長:青山満 以下、GMO-HS)は、クラウドサーバーホスティングサービス「True CLOUD」において、サーバー負荷が急増した際に、自動的にサーバースペックを増強する「オートスケール機能」を標準で7月中旬より提供開始いたします。

【「オートスケール機能」とは】(URL: http://www.truecloud.jp/service/function/function01.html

大手ポータルサイトに取り上げられたり、キャンペーンが予想以上に好評だったりしてアクセスが増加することは、WEBサイト運営者が望むところではあります。しかし、アクセス増に伴うサーバー負荷の急増により、サイトのレスポンス低下やサーバーダウンなどが発生してしまうと、ビジネスの機会損失となってしまうどころか、全体的な顧客満足度の低下も招くリスクがあります。

「True CLOUD」 では、このようなサーバー負荷の急増の際でも、安心してサイトを運営していただけるように、自動的にサーバースペックを拡張する「オートスケール機能」を提供いたします。

■「オートスケール機能」の詳細

「オートスケール機能」とは、あらかじめ設定しておいたCPU のロードアベレージやメモリ使用率のしきい値を、アクセスの急増といったサーバー負荷の高まりによって一定時間超過した場合に自動調節してサーバースペックを増強するオプションサービスです。サーバースペックの増強はクラウドノード(*1)単位で行われ、24時間あたり最大10クラウドノードまで自動で増強されます。増強分は1クラウドノードあたりで自動的に行われ、増量したクラウドノードに応じて費用(*2)が発生するので余計なコストをかけずに安心してサイト運営を行うことが可能です。

*1:クラウドノードとは、サーバーリソース(CPU、メモリ、ディスク容量、データ転送量)を組み合わせた True CLOUD 独自のシステム。1クラウドノードあたり CPU 0.6GHz相当、メモリ 375MB、ディスク容量 10GB、データ転送料 250GB のサーバースペックを持つ。
*2:増強分は一ヶ月あたり2,205円/クラウドノードで課金。(金額は予定です)オートスケール機能で自動的に増強されたクラウドノードの削減は自動的には行われないため、別途お申込みが必要です。

【「True CLOUD」 について】

「True CLOUD」は、最新のクラウドコンピューティングテクノロジーを採用したIaaS型パブリッククラウドサービスです。クラウドノード単位での自由なリソース割り当てや、アクセスのピークに合わせたリソーススケジューリング、大容量ウェブコンテンツの高速配信を可能にするAkamai CDN(*3)、選べる最新の64bit Linux OS・LAMP(*4)パッケージ、無制限マルチドメイン・マルチIPアドレスなど、高度化するウェブコンテンツに最適なクラウドサービスです。クラウドノード数に応じて自由にサーバースペックを構成でき、月額料金も低価格の2,940円(税込)からのご提供となります。

*3:CDN(Contents Delivery Network)とは、Webコンテンツをインターネット経由で配信するために最適化されたネットワークのこと。Akamai CDNは、米Akamaiの提供するCDNサービス。
*4:LAMPとは、Webアプリケーションの開発に利用できるオープンソースのソフトウェアの組み合わせ。

【「GMOホスティング & セキュリティ株式会社」とは】

1997年の設立以来、「アイル」と「ラピッドサイト」の2ブランドで広範囲なホスティングサービスを提供する国内最大級のホスティング・プロバイダーです。2010年1月にはSaaS型のセキュリティサービスを取り扱う新ブランド「SecureStar」の展開を開始しました。ホスティングサービス事業を中核に、電子証明書発行をはじめとするセキュリティ事業など各種インターネットソリューションを展開しています。2006年11月には、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」「JIS Q 27001:2006」を取得しております。

【報道関係お問い合わせ先】

◆GMOホスティング & セキュリティ株式会社 経営財務本部 広報担当 加藤
TEL:03-6415-6100 FAX:03-6415-6101  E-mail:pr@gmo-hs.com

◆GMOインターネット株式会社 グループ広報部 細田・石井
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp

【GMOホスティング&セキュリティ株式会社 会社概要】

会社名 GMOホスティング&セキュリティ株式会社 <http://gmo-hs.com/>
(東証マザーズ 証券コード:3788)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役社長 青山 満
事業内容 ■ホスティングサービス事業
資本金 9億832万円(2010年3月末現在)

【GMOインターネット株式会社 会社概要】

会社名 GMOインターネット株式会社 <http://www.gmo.jp/>
(東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役社長 熊谷 正寿
事業内容 ■WEBインフラ・EC事業
■インターネットメディア事業
資本金 12億7,683万円
※プレスリリースに記載されている情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

以上

  • 当サイトではプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバー証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバー証明書の検証結果をご確認ください。

  • DNV

    ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」並びに「JIS Q 27001:2006」を2006年11月に取得しました。

  • 当サイトでは、高機能マルウェア検知通知ツールのWebAlertにてマルウェアの検知を行い、Webサイトの安全性を維持しています。