ニュースニュース
専用サーバーで仮想化環境を簡単に構築可能な「仮想化サービス」提供開始
  • 2010-02-04
  • 旧アイル

専用サーバーで仮想化環境を簡単に構築可能な「仮想化サービス」提供開始

GMOホスティング & セキュリティ「アイル」
専用サーバーで仮想化環境を簡単に構築可能な「仮想化サービス」提供開始
~運用効率の向上、コスト削減を実現可能~

GMOインターネットグループのGMOホスティング & セキュリティ株式会社(代表取締役社長:青山満 以下、GMO-HS)は、ホスティングブランド「アイル」の専用型ホスティングサービスで、仮想化技術(*1)を取り入れた「仮想化サービス」を2010年2月4日(木)より提供開始いたします。

(*1)仮想化とは1つの物理サーバーに論理的に複数のサーバー環境を構築する技術。1つのOSを仮想化することにより、個々の仮想領域を完全に分離し、サーバーを効率よく利用することを可能にしている。

◆ ◆ ◆

市況の悪化が進み、企業がコスト削減の取り組みをより一層強化する中、社内のITシステムのコスト削減方法の一つにサーバーの仮想化が注目されています。専用サーバーの台数を増やすことなく、効率のよいサーバー環境が構築できるので、導入する企業やウェブ制作会社も増えてきています。しかし、従来の「アイル」の専用サーバーで仮想化を実現するには、仮想環境を構築するためのソフトウェアライセンスをお客さま側で購入し、構築する必要がありました。

今回「アイル」では、専用サーバーの仮想化に対するニーズの高まりを受け、簡単に専用サーバーを仮想化できる「仮想化サービス」の提供を開始いたします。

【「仮想化サービス」について】

「仮想化サービス」は、1台の物理サーバー上に複数のサーバー環境を構築する仮想化技術を用いたサービスで、これにより複数のサーバーの集約、統合を可能にします。

1.増え続けるサーバーの台数を抑えて効率化・コスト削減に有効

運用している専用サーバーを仮想化することで、サーバーの効率化や増え続けるサーバーの台数を抑えることが可能となり、ITシステムへの投資コストや運用管理コストの削減が見込めます。また「仮想化サービス」では、RAID(*2)構成の高スペックな専用サーバー(*3)に、世界中で導入実績があるParallels社のOS仮想化ソリューションVirtuozzoを搭載するため、サーバーの効率性、柔軟性においても多様化するビジネスに十分に対応できるサーバー環境が実現可能です。これから専用サーバーを利用することをお考えのお客さまや、サーバー統合を検討されているお客様に最適です。

(*2)RAIDとは、複数台のハードディスクを組み合わせ、1つのハードディスクとして運用する技術。データをそれぞれのディスクに分散することで、アクセス処理のパフォーマンスや信頼性の向上を実現することができる
(*3)「仮想化サービス」のご利用には別途「アイル」の「<コア>サーバーサービス」の「Quad Xeon SATAプラン」をお申し込みいただく必要があります。

2.ソフトウェアのインストール不要で簡単に導入

「仮想化サービス」は仮想化ソフトウェアをインストールした状態で提供するため、インストールに時間をとられることなく、すぐに用途に応じて仮想化したサーバー環境の構築に専念できます。

3.ビジネスをサポートする24時間電話無償サポート

「仮想化サービス」をお申し込みいただくと、無償で「アイル」の24時間電話サポートがご利用いただけます。「アイル」では、業界でも数少ない専用サーバーの24時間サポート体制を採用しており、万が一トラブルが発生した場合にも、「アイル」のスタッフが迅速に対応いたします。

4.「アイル」のマネージドサービスと組み合わせれば運用・保守作業のアウトソースも可能

「仮想化サービス」は、「アイル」マネージドサービス(*4)と併用できます。マネージドサービスとは、月額21,000円(税込)で日々の運用や保守作業をお客さまの代わりに行うサービスで、一緒に利用することにより「仮想化サービス」の運用・保守もすべて「アイル」が代行いたします。

(*4)「アイル」のマネージドサービスの詳細については以下をご覧ください。URL: http://managed.isle.jp/

■「仮想化サービス」概要(URL:http://private.isle.jp/service/option/virtualization/

仮想化アプリケーション Parallels Virtuozzo Containers v4.0
仮想領域(VE)数 1VE 3VE 5VE 10VE
初期費用(税込) 10,500円
月額費用(税込) 5,250円 10,500円 15,750円 21,000円
IPアドレス 2 4 6 11
ホストOS CentOS5
ゲストOS CentOS5
GUI PLESK
サポート 24時間メール、電話サポート

■利用可能なサーバー ※本サービスを利用する際、別途お申し込みが必要です

プラン名 Quad Xeon SATAプラン
初期費用(税込) 99,800円
月額料金(税込) 41,980円
CPU Intel Quad Xeon X3320 2.5GHz
メモリ 標準4GB / 最大8GB
HDD 標準500GB / 最大1000GB
回線 100Mbps共有

【「GMOホスティング & セキュリティ株式会社」とは】

1997年の設立以来、「アイル」と「ラピッドサイト」の2ブランドで広範囲なホスティングサービスを提供する国内最大級のホスティング・プロバイダーです。ホスティングサービス事業を中核に、電子証明書発行をはじめとするセキュリティ事業など各種インターネットソリューションを展開しています。また、ISPやホスティング事業者を対象としたホスティングサービスのOEM提供にも注力しています。2006年11月には、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」「JIS Q 27001:2006」を取得しております。

【報道関係お問い合わせ先】

◆GMOホスティング & セキュリティ株式会社 経営企画室・広報担当 加藤
TEL:03-6415-6100 FAX:03-6415-6101  E-mail:pr@gmo-hs.com

◆GMOインターネット株式会社 グループ広報部 細田・石井
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp

【GMOホスティング&セキュリティ株式会社 会社概要】

会社名 GMOホスティング&セキュリティ株式会社 <http://gmo-hs.com/>
(東証マザーズ 証券コード:3788)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役社長 青山 満
事業内容 ■ホスティングサービス事業
■セキュリティサービス事業
資本金 9億780万円(2009年9月末現在)

【GMOインターネット株式会社 会社概要】

会社名 GMOインターネット株式会社 <http://www.gmo.jp/>
(東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役会長兼社長 熊谷 正寿
事業内容 ■WEBインフラ・EC事業
■インターネットメディア事業
資本金 12億7,683万円
※プレスリリースに記載されている情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

以上

  • 当サイトではプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバー証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバー証明書の検証結果をご確認ください。

  • DNV

    ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」並びに「JIS Q 27001:2006」を2006年11月に取得しました。

  • 当サイトでは、高機能マルウェア検知通知ツールのWebAlertにてマルウェアの検知を行い、Webサイトの安全性を維持しています。