ニュースニュース
SaaSやクラウド展開を支援する「SaaS・クラウドインキュベーションプログラム」を開始
  • 2009-06-30
  • 旧アイル

SaaSやクラウド展開を支援する「SaaS・クラウドインキュベーションプログラム」を開始

GMOホスティング & セキュリティ「アイル」
SaaSやクラウド展開を支援する
「SaaS・クラウドインキュベーションプログラム」を開始  

GMOインターネットグループのGMOホスティング & セキュリティ株式会社(代表取締役社長:青山 満 以下、GMO-HS)は、「アイル」マネージドホスティングサービス(*1)において、ソフトウェアやアプリケーションのベンダーのSaaSやクラウド展開を支援する「SaaS・クラウドインキュベーションプログラム」を6月30日(火)より開始いたします。

(*1):マネージドホスティングサービスとは「アイル」専用サーバーの保守管理、ハードウェア機器の設定や設置などをお客様に代わって専任の技術者が代行するサービスです。

◆ ◆ ◆

近年、SaaS型式のアプリケーションサービスは、サーバー等のシステムを導入する必要なく、インターネットを経由して、必要な機能のみをコストに応じて利用できるという利点から、ビジネスシーンで急速に利用を伸ばしています。また、インターネットにつながったサーバー環境を利用するクラウドコンピューティングも注目を集めており、今後、利用が進むと想定されています。その一方で、サービスを提供するベンダー側では、ネットワーク構成やサーバー構成、セキュリティ対策といった、提供機能以外のサービス提供基盤の運営において大きな課題を抱えています。

このような背景からGMO-HSは、サーバーに関する知識がなくても安定したサービス提供基盤でSaaSやクラウド展開ができるよう、ソフトウェアベンダーやアプリケーションベンダーへ向けて支援プログラム「SaaS・クラウドインキュベーションプログラム」を「アイル」にて開始いたしました。

【「SaaS・クラウドインキュベーションプログラム」について】
URL: http://managed.isle.jp/feature/saas.html

「SaaS・クラウドインキュベーションプログラム」とは、サービス展開を検討されているベンダーを4つの側面から支援するプログラムです。

1 コンサルティング支援 ヒアリングを通じて、ベンダーのアプリケーションの仕様に最適なサーバー構成を提案します。
2 システム構築支援 決定したサーバー構成案に基づき、最適なサーバー環境を構築します。
3 運用・管理支援 サーバーの構成やアプリケーションの仕様に最適な運用ルールを構築し、それに基づいてサーバー運用・管理保守を実施します。
4 ビジネス支援 営業同行や、「アイル」のウェブサイトでの紹介、共同セミナー開催など、ベンダーのサービス展開を開始したアプリケーションの営業・マーケティング活動を支援します。

■ホスティングサービスのご利用料金について

「SaaS・クラウドインキュベーションプログラム」では、初年度のみ各社に対しSaaS、もしくはクラウド環境でアプリケーションを稼動させるサーバー最大5台(*2)とサーバー環境の構築・運用・管理保守を「アイル」が無料で提供します。次年度以降は、ベンダーのアプリケーションの仕様や1年目の提供状況に応じてお選びいただける2種類のプランをご用意し、ベンダーを継続的に支援してまいります。

(*2):5台以上の構成になる場合は、特別価格にてご提供させていただきます。

<プラン詳細> URL:http://managed.isle.jp/feature/saas.html

①「プラットフォーム提供型」

月々のサーバー費用はベンダーのアプリケーション、システム構成や運用状況からお見積もりした、特別価格でご提供いたします。

②「レベニューシェア型」

アプリケーションのSaaS・クラウド形式でのサービス展開による月々の売り上げを、ベンダーと「アイル」とでシェアし、「アイル」が取得した売り上げ分からサーバー費用を拠出します。シェア比率は案件ごとに異なりますので、別途ご相談となります。

【「GMOホスティング & セキュリティ株式会社」とは】

1997年の設立以来、「アイル」と「ラピッドサイト」の2ブランドで広範囲なホスティングサービスを提供する国内最大級のホスティング・プロバイダーです。ホスティングサービス事業を中核に、電子証明書発行をはじめとするセキュリティ事業など各種インターネットソリューションを展開しています。また、ISPやホスティング事業者を対象としたホスティングサービスのOEM提供にも注力しています。2006年11月には、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」「JIS Q 27001:2006」を取得しております。

【報道関係お問い合わせ先】

◆GMOホスティング&セキュリティ株式会社 経営企画室・広報担当 加藤
TEL:03-6415-6100 FAX:03-6415-6101  E-mail:pr@gmo-hs.com

◆GMOインターネット株式会社  グループ広報部 細田・石井
 TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp

【GMOホスティング&セキュリティ株式会社 会社概要】

会社名 GMOホスティング&セキュリティ株式会社 <http://gmo-hs.com/> (東証マザーズ 証券コード:3788)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役社長 青山 満
事業内容 ■ホスティングサービス事業
■セキュリティサービス事業
資本金 9億745万円(2008年12月末現在)

【GMOインターネット株式会社 会社概要】

会社名 GMOインターネット株式会社 <http://www.gmo.jp/> (東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役会長兼社長 熊谷 正寿
事業内容 ■WEBインフラ・EC事業
■インターネットメディア事業
資本金 12億7,683万円
※プレスリリースに記載されている情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

以上

  • 当サイトではプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバー証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバー証明書の検証結果をご確認ください。

  • DNV

    ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」並びに「JIS Q 27001:2006」を2006年11月に取得しました。

  • 当サイトでは、高機能マルウェア検知通知ツールのWebAlertにてマルウェアの検知を行い、Webサイトの安全性を維持しています。