ニュースニュース
専用型ホスティングサービスにて不正アクセスを検知し、自動防御する「IDS&ADSサービス」を提供開始
  • 2008-12-10
  • 旧アイル

専用型ホスティングサービスにて不正アクセスを検知し、自動防御する「IDS&ADSサービス」を提供開始

GMOホスティング & セキュリティ「アイル」
専用型ホスティングサービスにて不正アクセスを検知し、自動防御する
「IDS&ADSサービス」を提供開始

GMOインターネットグループのGMOホスティング & セキュリティ株式会社(代表取締役社長:青山 満 以下、GMO-HS)のホスティングブランド「アイル」は、不正アクセスや攻撃を自動的に防御するバリオセキュア・ネットワークス社の「IDS&ADSサービス」(IDS:不正侵入検知システム/ADS:自動防御システム)を採用し、専用型ホスティングサービスのオプションとして12月10日(水)より提供開始いたします。

◆ ◆ ◆

【「IDS&ADSサービス」について】

「IDS&ADSサービス」とは、サーバーへの不正アクセス状況の可視化および自動防御を実現する、専用型ファイアーウォールとの併用が可能なオプションサービスです。悪意のあるユーザーの侵入や攻撃を検知する不正侵入検知システム(IDS ※1)と、3段階の危険度に応じて作動する自動防御システム(ADS ※2)によって、ファイアーウォール通過前のすべての通信をチェックし、サーバーへの不正アクセス状況の可視化と自動防御を実現します。サーバーへの不正アクセス状況の可視化によって得られた情報は、今後の具体的なセキュリティ対策の判断材料としてご活用いただけます。

※1:Intrusion Detection Systemの略称
※2:Active Defense Systemの略称

【「IDS&ADSサービス」の特長】(URL:http://private.isle.jp/service/option/ids_ads/

(1) 攻撃元からの通信を危険度に応じて遮断

3段階で危険度を判断し作動します。

重要度ランク1 (最も危ない)攻撃の場合は1時間遮断
重要度ランク2 攻撃の場合は5分間遮断
重要度ランク3 攻撃の場合はログに記録
※通信停止中でも同IPアドレスから再攻撃があった場合は、その時点から再度タイマーがリセットされます。
(2) レポート機能により外部からの攻撃状況を把握

5分間隔で記録された検知・防御に関する情報をインターネット上で確認することができます。

(3) 3,000種類以上のハッキングパターンを検知

Sourcefire Inc.が提供する技術により3,000種類以上ある多種多様なハッキングパターン(シグネチャ)を検知します。ハッキングパターン情報は自動的にアップデートされ、常に最新の内容を保持します。

【「IDS&ADSサービス」利用料金】

初期設定費用(税込) 52,500円/1サーバー当たり
月額利用料金(税込) 84,000円/1サーバー当たり
※本サービスは、不正アクセスを100%防止する事を保証するものではありません。
※別途、「アイル」専用型サーバー「<コア>シリーズ」、及びオプションサービス「専用型ファイアーウォール」のご契約が必要です。詳細は下記URLをご覧ください。
URL:http://private.isle.jp/service/option/ids_ads/

GMO-HSの「アイル」では、「IDS&ADSサービス」の提供を通じてインターネットビジネスを行う企業にとって重要なセキュリティ対策を支援し、インターネットビジネスの活性化に努めてまいります。

【「GMOホスティング & セキュリティ株式会社」とは】

1997年の設立以来、「アイル」と「ラピッドサイト」の2ブランドで広範囲なホスティングサービスを提供する国内最大級のホスティング・プロバイダーです。ホスティングサービス事業を中核に、電子証明書発行をはじめとするセキュリティ事業など各種インターネットソリューションを展開しています。また、ISPやホスティング事業者を対象としたホスティングサービスのOEM提供にも注力しています。2006年11月には、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」「JIS Q 27001:2006」を取得しております。

【報道関係お問い合わせ先】

◆GMOホスティング&セキュリティ株式会社 経営企画室 広報担当 加藤
 TEL:03-6415-6100 FAX:03-6415-6101  E-mail:pr@gmo-hs.com

◆GMOインターネット株式会社  グループ広報室 細田・石井
 TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp

【GMOホスティング&セキュリティ株式会社 会社概要】

会社名 GMOホスティング&セキュリティ株式会社 <http://gmo-hs.com/> (東証マザーズ 証券コード:3788)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役社長 青山 満
事業内容 ■ホスティングサービス事業
■セキュリティサービス事業
資本金 9億745万円(2008年6月末現在)

【GMOインターネット株式会社 会社概要】

会社名 GMOインターネット株式会社 <http://www.gmo.jp/> (東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役会長兼社長 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネット活用支援事業(ネットインフラ事業)
■インターネット集客支援事業(ネットメディア事業)
資本金 12億7,683万円
※プレスリリースに記載されている情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

以上

  • 当サイトではプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバー証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバー証明書の検証結果をご確認ください。

  • DNV

    ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」並びに「JIS Q 27001:2006」を2006年11月に取得しました。