ニュースニュース
GMOホスティング&セキュリティ「アイル」「iCLUSTA」において100% 稼働率連動型返金制度を適用開始
  • 2008-10-21
  • 旧アイル

GMOホスティング&セキュリティ「アイル」「iCLUSTA」において100% 稼働率連動型返金制度を適用開始

GMOホスティング&セキュリティ「アイル」
「iCLUSTA」において100% 稼働率連動型返金制度を適用開始
~合わせて「秋のIT支援!初期費用全額還元キャンペーン」を実施 ~

 GMOインターネットグループのGMOホスティング & セキュリティ株式会社(代表取締役社長:青山 満 URL:http://gmo-hs.com/ 以下、GMO-HS)のホスティングブランド「アイル」(URL:http://isle.jp/)は、国内レンタルサーバー業界において最高峰のサービスをお客様へ提供することを目的に、共用サーバー「iCLUSTA(アイクラスタ)」のサーバー稼働率に連動して返金する稼働率連動型返金制度(Availability Linked Refund System 以下、ALRS)の条件の見直しを行い、10月21日(火)より、全プランにおいて稼働率の値を引き上げます。上位プランであるi-03~05では、従来の99.99%から100%へ引き上げます。

 またこれを記念して、10月31日(金)までに6ヶ月/12ヶ月契約で「iCLUSTA 」のi-01~05プランをお申し込みのお客さまを対象とした「秋のIT支援!初期費用全額還元キャンペーン」を実施いたします。

【ALRSの稼働率引き上げについて】(URL:http://home.isle.ne.jp/order/agreement.html

 ALRSとは規定のサーバー稼働率を下回った場合、その度合いにより、お客様にサービス利用料金を返金する制度です。「アイル」では、サービス品質向上の一環として創業時よりこの制度を導入しています。

 この度ALRSの稼働率の値を「iCLUSTA」の上位プランにおいて、稼働率の値を従来の99.99%から100%に、下位プランでは99.9%から99.99%に引き上げました。

<ALRSにおける稼働率の最高値一覧>

プラン名 稼働率
i-05 99.99→100%
i-04 99.99→100%
i-03 99.99→100%
i-02 99.9→99.99%
i-01 99.9→99.99%

【ALRSの稼働率引き上げの背景】

 近年、ASP・SaaSサービスが広く普及するにつれ、サーバーへの負荷も大きいものとなっており、以前にも増して安定稼動するホスティングサービスの導入が重要となっています。また、導入に当たっては、多数のホスティングサービスの中から、高品質なサービスを見極めることも必要となっています。

 「アイル」では、お客様がより高品質で信頼性に優れたサービスを選択できるよう、ALRSをはじめ、サービスに関する情報を積極的に開示してまいりました。その結果、今年5月にホスティング事業者としては初めて財団法人マルチメディア振興センターによる「ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度」の認定を取得いたしました。

 「アイル」は、これに留まらず、さらに明確なサービス品質の指針をお客様に提示するべく、また、「iCLUSTA」が冗長化された耐障害性に強いシステムにて高水準の稼働率にて運用を行っていることから、業界初の試みとしてALRSの稼働率を100%まで引き上げるに至りました。

 「アイル」はインターネット事業を展開する企業、個人事業者のさらなるご信頼を得られるよう、今後もサービス品質の指針を分かりやすい形で提示してまいります。

【「秋のIT支援!初期費用全額還元キャンペーン」概要】

 この度のサービス拡充を記念して、「秋のIT支援!初期費用全額還元キャンペーン」をご用意いたしました。詳細は、こちら(URL:http://home.isle.ne.jp/news/campaign/autumn.html)をご参照ください。

【「GMOホスティング & セキュリティ株式会社」とは】

 1997年の設立以来、「アイル」と「ラピッドサイト」の2ブランドで広範囲なホスティングサービスを提供する国内最大級のホスティング・プロバイダーです。ホスティングサービス事業を中核に、電子証明書発行をはじめとするセキュリティ事業など各種インターネットソリューションを展開しています。また、ISPやホスティング事業者を対象としたホスティングサービスのOEM提供にも注力しています。2006年11月には、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」「JIS Q 27001:2006」を取得しております。

【報道関係お問い合わせ先】

◆GMOホスティング&セキュリティ株式会社 経営企画室 広報担当 加藤
 TEL:03-6415-6100 FAX:03-6415-6101  E-mail:pr@gmo-hs.com

◆GMOインターネット株式会社  グループ広報室 細田・石井
 TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp

【GMOホスティング&セキュリティ株式会社 会社概要】

会社名 GMOホスティング&セキュリティ株式会社 <http://gmo-hs.com/> (東証マザーズ 証券コード:3788)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役社長 青山 満
事業内容 ■ホスティングサービス事業 ■セキュリティサービス事業
資本金 9億745万円(2008年6月末現在)

【GMOインターネット株式会社 会社概要】

会社名 GMOインターネット株式会社 <http://www.gmo.jp/> (東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役会長兼社長 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネット活用支援事業(ネットインフラ事業) ■インターネット集客支援事業(ネットメディア事業)
資本金 12億7,683万円
プレスリリースに記載されている情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

以上

  • 当サイトではプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバー証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバー証明書の検証結果をご確認ください。

  • DNV

    ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」並びに「JIS Q 27001:2006」を2006年11月に取得しました。

  • 当サイトでは、高機能マルウェア検知通知ツールのWebAlertにてマルウェアの検知を行い、Webサイトの安全性を維持しています。