ニュースニュース
「システム運用代行サービス」を提供開始
  • 2008-03-06
  • 旧アイル

「システム運用代行サービス」を提供開始

 GMOインターネットグループのGMOホスティング&セキュリティ株式会社(代表取締役社長:青山満 以下、GMO-HS)のホスティングブランド「アイル」(URL:http://isle.jp/)は、お客様に代わりサーバーやOS・ミドルウェアの運用・管理を請け負う「システム運用代行サービス」を3月6日(木)より提供開始いたします。

◆ ◆ ◆

 「システム運用代行サービス」は、ホスティング事業者として10年を超えるサーバーの運用・管理の実績を誇るGMO-HS「アイル」が、お客様に代わりroot権限(*1)を保有し、専用サーバーの運用・管理を請け負うサービスです。本サービスはウェブサイトの大容量化、進化するサイバー犯罪に対抗するために必要なサーバー運用技術の高度化、ソフトウェアのSaaS・ASP化により急速に高まっている大規模サーバーシステムの運用・管理ニーズに応えるものです。

 「システム運用代行サービス」を利用するサーバー環境は、お客様のニーズに応じ、最適なサーバースペック、台数構成、Linux OS・ミドルウェアにて構築いただけます。

(*1) root権限とは、UNIX系OSの管理者権限のことで、アクセス権の設定にかかわらず、すべてのファイルに無制限にアクセスすることが可能。

【「システム運用代行サービス」の特長】
(1)システム構築・運用・管理コストの大幅な削減を実現
 1/2ラック、10M回線、サーバー2台、Switch3台、Firewall 1台、Router2のサーバーシステムを、ハウジングサービスを利用して自社の技術者に運用・管理させると、人件費以外に通常数百万の初期費用と月々百数十万の月額費用がかかります。「システム運用代行サービス」では同等のシステムを初期費用50~100万円、月額費用20~50万円にて構築・運用・管理いただけます。(自社調べ)

(2)SaaSプラットフォームとして利用可能
 ソフトウェア稼動に最適なスペックで構築したサーバーを、セキュリティ対策が施された環境のもと、24時間365日安定稼動できるよう運用いたします。SaaS・ASP方式でソフトウェアを提供するベンダーにとっては、「システム運用代行サービス」を利用することで面倒な管理・運用業務がアウトソースでき、本業のソフトウェア開発に注力いただけます。

(3)幅広いサービスラインアップ
 「システム運用代行サービス」では、アウトソースしたい作業項目をお客様ごとにカスタマイズする「システム運用フルアウトソーシングサービス」をはじめ、これまで数多くご要望をいただいていた、あらかじめ作業内容をパッケージ化した「監視/障害一次対応パッケージ」、「設定作業代行パッケージ」、「ホットスタンドバイ管理パッケージ」をご用意いたしています。

■システム構成例
システム構成例

【「システム運用代行サービス」概要】
(URL:http://private.isle.jp/service/custom/parts/managed/index.html
サービス名 詳細
システム運用フルアウトソーシングサービス お客様のご要望によりカスタマイズ可能(別途ご相談)
監視/障害一次対応パッケージ <監視対象>
・サーバー死活監視
・ポート監視
・サーバーリソース監視(HDD、CPU、メモリ)
<異常検知時の一次対応>
・サーバー再起動、または サービスリブート
設定作業代行パッケージ 依頼可能な作業項目はサービスウェブページをご参照ください。
ホットスタンドバイ管理パッケージ ・バックアップ用サーバーの提供
・定期バックアップの取得
・障害時に接続先をバックアップサーバーへスイッチ

■利用料金(価格は全て税込)
サービス名 初期費用 月額費用
システム運用フルアウトソーシングサービス 別途お見積り 別途お見積り
監視/障害一次対応サービス 31,500円 39,900円
設定作業代行サービス(月間3回の作業代行含む) 31,500円 21,000円
ホットスタンドバイ管理パッケージ(障害時の切換含む) 84,000円 63,000円~(*2)
(*2) バックアップ用サーバー1台分費用含む費用の為、サーバースペックにより異なります。

【「GMOホスティング&セキュリティ株式会社」とは】
 1997年の設立以来、「アイル」と「ラピッドサイト」の2ブランドで広範囲なホスティングサービスを提供する国内最大級のホスティング・プロバイダーです。ホスティングサービス事業を中核に、電子証明書発行をはじめとするセキュリティ事業など各種インターネットソリューションを展開しています。また、ISPやホスティング事業者を対象としたホスティングサービスのOEM提供にも注力しています。2006年11月には、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」「JIS Q 27001:2006」を取得しております。

【報道関係お問い合わせ先】
◆GMOホスティング&セキュリティ株式会社  経営企画室 広報担当 加藤
 TEL:03-6415-6100 FAX:03-6415-6101  E-mail:pr@gmo-hs.com
◆GMOインターネット株式会社  社長室 グループ広報チーム 細田・石井
 TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp

【GMOホスティング&セキュリティ株式会社 会社概要】
会社名 GMOホスティング&セキュリティ株式会社<http://gmo-hs.com/>
(東証マザーズ 証券コード:3788)

所在地

東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー

代表取締役社長

青山 満

事業内容

■ホスティングサービス事業
■セキュリティサービス事業

資本金

9億605万円(2007年12月末現在)


【GMOインターネット株式会社 会社概要】
会社名

GMOインターネット株式会社 <http://www.gmo.jp/>
(東証第一部 証券コード:9449)

所在地

東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー

代表取締役会長兼社長

熊谷 正寿

事業内容

■インターネット活用支援事業(ネットインフラ事業)
■インターネット集客支援事業(ネットメディア事業)

資本金

126億3,197万円

プレスリリースに記載されている情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

以上

  • 当サイトではプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバー証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバー証明書の検証結果をご確認ください。

  • DNV

    ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」並びに「JIS Q 27001:2006」を2006年11月に取得しました。

  • 当サイトでは、高機能マルウェア検知通知ツールのWebAlertにてマルウェアの検知を行い、Webサイトの安全性を維持しています。