ニュースニュース
オンライン決済サービス「イプシロン」を販売開始
  • 2006-02-08
  • 旧アイル

オンライン決済サービス「イプシロン」を販売開始

 GMOインターネットグループのサーバー事業ならびにセキュリティ事業を担当するGMOホスティング&セキュリティ株式会社(東証マザーズ:証券コード3788 本社:東京都渋谷区 資本金:8億9,607万円 代表取締役社長:青山 満 URL:http://gmo-hs.com/ 以下、GMO-HS)は、同じくGMOインターネットグループのイプシロン株式会社(本社:東京都渋谷区 資本金:9,800万円 代表取締役社長:新井 悠介 URL:http://www.epsilon.jp/ 以下、イプシロン社)と提携し、2006年2月8日よりホスティングブランド「アイル」にてネットショップ運営支援の一環としてオンライン決済サービス「イプシロン」の販売を開始いたします。

【「アイル」と「イプシロン」の提携】
 「イプシロン」はオンライン決済方法の中で最も需要の高い「クレジットカード決済」の他、「コンビニ決済」「ネットバンク決済」「プリペイド決済」に対応しており、法人企業だけでなく、個人事業者にも提供できるマルチペイメント決済サービスで約400店舗の導入実績があります。各種決済提供会社との事務手続きをイプシロン社が代行するため、加盟店はイプシロン社との契約のみで各種決済手段を迅速かつ手軽に利用できるようになります。「アイル」と「イプシロン」との提携により、ネットショップ運営に関わるレンタルサーバー、ドメイン登録、ショップ構築、決済の一連をGMO-HSにてワンストップでご提供することが可能となりました。
  今後、GMO-HSではホスティングブランド「ラピッドサイト(http://rapidsite.jp/)」にお いても「イプシロン」を提供する予定です。

■「イプシロン」の主な特長
1.豊富な決済手段で購買者の利便性を向上
 クレジットカード決済、コンビニ決済、プリペイドカード決済、インターネット銀行決済等の豊富な決済手段を購買者に提供し、売上促進を図ります。
2.初期費用無料の経済的なサービス価格設定
 「イプシロン」導入時の経済的な負担を軽減し、加盟店が利益を確保しやすいように初期費用無料のプランをご用意しています。
3.モバイル環境に対応した各種決済
 「イプシロン」の各種決済サービスは、PCをはじめ、i-mode、EZweb、Vodafone live! など大手キャリアの携帯電話Webサービスに対応しています。
4.ネットショップ作成ツール「MakeShop」にも標準対応
 アイルの提供するネットショップ作成ツール「MakeShop」は「イプシロン」に標準対応しているため、面倒なCGIの設置等、手間をかけずに決済サービスを導入できます。

■「イプシロン」サービス概要
 詳細はこちら(URL:http://home.isle.ne.jp/service/site_support/epsilon/)をご参照ください。

●「イプシロン株式会社」とは
 GMOインターネットグループでクレジットカード決済処理サービスを行っているGMOペイメントゲートウェイ株式会社(東証マザーズ:証券コード3769 本社:東京都渋谷区 資本金:6億2,800万円 代表取締役社長:相浦一成URL:http://www.gmo-pg.com)の100%子会社です。提供している決済代行サービスは、クレジットカードはもちろんのこと、全国31,000店舗以上のコンビニエンスストア、オンラインショッピング対応プリペイドカード、ネット銀行など、幅広いスタイルの決済方法に対応しています。また、金額の大小や注文件数にかかわらず手数料を低率に設定しているので、回収コストが利益を圧迫することがなく、ECサイトを運営するあらゆる事業者の皆様にご満足いただけるものと確信しております。各種インターネットサービスや音楽コンテンツ販売などで培ってきた経験やノウハウを最大限に活用し、質の高いサービスを提供してまいります。

以上

  • 当サイトではプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバー証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバー証明書の検証結果をご確認ください。

  • DNV

    ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」並びに「JIS Q 27001:2006」を2006年11月に取得しました。