ニュースニュース
ネイティブアプリからブラウザアプリまでサポートする SDK「Marmalade(マーマレード)」の独占的使用権を獲得
  • 2016-12-07
  • GMOクラウド

ネイティブアプリからブラウザアプリまでサポートする SDK「Marmalade(マーマレード)」の独占的使用権を獲得

ネイティブアプリからブラウザアプリまでサポートする
SDK「Marmalade(マーマレード)」の独占的使用権を獲得
新機能の開発を加速し、ゲーム・アプリ開発を支援

 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社(代表取締役社長:青山 満 以下、GMOクラウド社)は、英国のMarmalade Technologies Ltd(本社:イギリス・ロンドン市 以下、Marmalade社)より、クロスプラットフォーム(*1)対応のSDK(ソフトウェア開発キット)「Marmalade(マーマレード)」の独占的使用権を、2016年11月24日に譲受いたしました。
 これによりGMOクラウド社は、「Marmalade」の新機能の開発・提供を加速させます。また、日本のみならず世界各国に向けた販売やサポートの充実を図ることで、国内外のゲーム・アプリ開発をより強力に支援してまいります。。
 (*1) iOSやAndroidなどのように異なるプラットフォームでも同じ仕様で動かせるプログラム(ソフトウェア)のこと。

【「Marmalade」の独占的使用権譲受について】

 昨今、多種多様なモバイルデバイスの普及に伴って、AndroidやiOSをはじめとするアプリの動作基盤(モバイルプラットフォーム)も多様化しています。そのためゲームやアプリの開発においては、各プラットフォームに対応したプログラミングが必要となることから、単一のソースコードをコンパイル(*2)することで多様なプラットフォームに対応可能となるツールを活用し、開発者の負担を軽減することが求められています。
 こうした中GMOクラウド社では、2015年7月1日より、ワンソースで様々なプラットフォームに対応したゲーム・アプリを開発できるSDK「Marmalade」のライセンス提供を受け、国内のゲーム開発者向けに販売しております。
 この度GMOクラウド社は、これまで販売を行うのみだったSDKを、開発から提供まで自社で行えれば、日本のみならず世界各国のゲーム・アプリ開発をさらに促進できると考え、Marmalade社より「Marmalade」の独占的使用権を譲り受けることといたしました。今後は、同ツールの国内外への販売に加え、開発者にとって利便性の高い新機能の開発も行っていきます。また、国内外に向けた販売やお問い合わせ対応(サポート)も強化することで「Marmalade」の普及を図り、ゲーム・アプリ開発市場のさらなる発展を支援してまいります。
(*2)プログラミング言語で書かれたコンピュータプログラム(ソースコード)を解析し、コンピュータが直接実行可能な形式のプログラム(オブジェクトコード)に変換すること。

【「Marmalade」について】(URL:http://madewithmarmalade.jp

 「Marmalade」とは、iOSやAndroidなどのネイティブアプリからウェブブラウザアプリまで、様々なプラットフォームに対応した、高速かつ信頼性の高いクロスプラットフォームSDKです。単一のソースコードでiOSやAndroidといったモバイルプラットフォームへのアプリ移植を簡単に行えるため、開発の手間と時間を格段に節約できるとして、これまでに世界151ヶ国の多くの開発者に利用されています。
 「Marmalade」は、オープンスタンダードなプログラミング言語であるC++で作成されているため、ゲーム開発者が慣れ親しんだ環境で開発できるほか、過去にC++で作成した資産を再利用することも可能です。
 さらに、様々なニーズに対応できるよう、iOSアプリの製作に利用されるプログラミング言語のObjective-Cや、C++との親和性が高く、軽量かつ高速なスクリプト言語Lua、ウェブアプリケーション製作のためのHTML5もご利用いただけます。

<日本語サポート>
・「Marmalade」 日本語サイトURL:http://madewithmarmalade.jp
・お問い合わせ窓口:info@madewithmarmalade.jp

【「GMOクラウド株式会社」とは

 1996年のサービス開始以来、ホスティング事業者として13万を超える法人のお客様のサーバー運用実績と国内6,000社の販売代理店を有しています。2011年2月にクラウドソリューション「GMOクラウド」を立ち上げクラウドサービス事業に本格的に参入して以降、クラウド事業に主軸を置いて国内のみならず世界へ向けてサービスを展開し、グローバル企業を含む多くの企業に最適なITインフラを提供しております。また、2007年より「GlobalSign」の電子認証サービスを連結会社のGMOグローバルサイン株式会社を中心にベルギー、英国、米国、中国、シンガポール、フィリピン、インド、ロシアの拠点よりグローバルに展開しております。

 

【報道関係お問い合わせ先】
◆GMOクラウド株式会社 社長室 広報担当 遠藤・松下
TEL:03-6415-6100 FAX:03-6415-6101  E-mail:pr@gmocloud.com
 
 
 
【GMOクラウド株式会社 会社概要】
会社名 GMOクラウド株式会社 <http://ir.gmocloud.com/>
(東証第一部 証券コード:3788)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役社長 青山 満
事業内容 ■クラウド・ホスティング事業 ■セキュリティ事業
■ソリューション事業 ■IAM事業
資本金 9億1,690万円

 


  • プライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバー証明書でSSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバー証明書の検証結果をご確認いただけます。

  • DNV

    ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」並びに「JIS Q 27001:2006」を2006年11月に取得しました。

  • SiteLock

    SiteLock(サイトロック)は脆弱性診断&マルウェア駆除のできるWebセキュリティツールです。安全シールのクリックにより、最新の診断結果をご確認いただけます。