ニュースニュース
HTML5とWebGLを用いた3Dゲームが制作できるゲームエンジン「PLAYCANVAS」を日本国内向けに販売開始
  • 2015-08-26
  • GMOクラウド

HTML5とWebGLを用いた3Dゲームが制作できるゲームエンジン「PLAYCANVAS」を日本国内向けに販売開始

HTML5とWebGLを用いた3Dゲームが制作できる
ゲームエンジン「PLAYCANVAS」を日本国内向けに販売開始

 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社(代表取締役社長:青山 満 以下、GMOクラウド社)は、PLAYCANVAS社(CEO:Will Eastcot 本社:イギリス、ロンドン市)が開発・運営する、3Dゲームが簡単に作れるクラウド型ゲームエンジン「PLAYCANVAS」の日本国内向け販売について、同社との契約を締結し、本日2015年8月26日(水)より日本国内のゲーム開発者向けに販売開始いたしました。

【「PLAYCANVAS」販売開始の背景】

 近年、簡単にスマートフォン向けゲームを開発できるツールの普及や、ダウンロード販売を行うゲーム販売プラットフォーム市場の拡大に伴って、販売会社(パブリッシャー)を通す必要のない手軽さから、個人や数人規模のチームで開発された"インディーズゲーム"が盛り上がりを見せています。昨年開催された「東京ゲームショウ2014」においても、70以上の団体・企業・個人によるインディーズゲームブースがメインホールに展開され、前年にくらべて来場者が急増するなど、今後もインディーズゲームへの関心が高まっていくと考えられています。
 また、最近こうしたインディーズゲームシーンにおいても、3Dグラフィックで表現力豊かなゲームの開発ニーズが高まっており、小規模で設計を行うインディーズゲーム開発者の間では、より簡単に高品質なゲームが作成できるツールが求められています。

 こうした中、イギリスのPLAYCANVAS社は、ほとんど全ての端末やブラウザ、アプリストアに対応した3Dゲームの制作が可能な、クラウド型ゲームエンジン「PLAYCANVAS」を開発し、イギリスをはじめとする世界126カ国、5万5,000以上のユーザーに提供しています。

 一方GMOクラウド社では、低価格ながら高い拡張性と安心のサポートを誇るクラウド・ホスティングサービスを提供してきたノウハウを活かし、ネットワークエンジンサービス「Photon」をはじめとするゲーム開発ツールの提供でゲーム開発者を支援しております。この度その一環として、インディーズゲーム開発にも最適なPLAYCANVAS社と「PLAYCANVAS」の日本での独占販売契約を締結し、本日より国内のゲーム開発者向けに販売を開始いたしました。併せて「PLAYCANVAS」の日本語サイトを公開し、日本語でのサポートも行います

【「PLAYCANVAS」の特徴】(URL:https://playcanvas.com/)

「PLAYCANVAS」は、豊富な機能を備えたオープンソースのクラウド型ゲームエンジンです。クラウド型のためデバイスを問わずいつでもどこからでもアクセスできるので、複数人で同時に開発を行う場合にも最適です。

特徴1:ほぼ全てのブラウザと主要アプリストア対応の3Dゲームが作成可能
 「PLAYCANVAS」では、ブラウザ上で3DCGグラフィックを表示できるHTML5およびWebGLを用いた3Dゲームを作成することができます。「Google Chrome」や「Firefox」、「Safari」をはじめとする多種のブラウザに対応したブラウザ型ゲームはもちろん、「Google Play」や「App Store」などの主要アプリストアで配信可能なアプリゲームを開発することができます。

特徴2:SNSアプリがゲームプラットフォームに
 「PLAYCANVAS」で作成したゲームはモバイルブラウザに完全対応しているので、FacebookやTwitterなどのSNSアプリを利用するユーザーは、こうしたSNSアプリ内から直接ブラウザゲームページへアクセスし、ゲームをプレイすることができます。
 また、このようにSNSアプリをゲームプラットフォームとして活用するだけでなく、同じゲームをブラウザゲームとアプリの両方で提供することで、例えばブラウザゲームはシェアされやすいSNSでプロモーション展開を行い、そこからアプリのユーザー獲得につなげていくといった活用も可能です。

特徴3:表現力豊かなプロモーションコンテンツを作成し、PRに活用
 「PLAYCANVAS」は、ゲームだけでなく、製品を3D化し、実際の使用をイメージ出来るプロモーション用コンテンツを作成することも可能です。作成後はWeb上に出力して公開するだけで、PCやスマートフォン、タブレットなどあらゆるデバイスからブラウザ経由で閲覧可能になります。ページ公開されたコンテンツは即時にシェアできるので、製品のPRとしても効果的に活用することができます。

【「PLAYCANVAS」利用概要】(価格は全て税抜)

■価格・機能一覧

プラン名 月額費用 ストレージ(MB) プライベートプロジェクト(※) 利用可能者数 iOSサポート メールサポート
Free 無料 200 0 2 × ×
PRO5 2,535円 500 5 5 ×
PRO10 5,070円 2,000 10 10 ×
PRO20 1万140円 10,000 20 20 ×
ORG5 1万6,900円 500 5 5
ORG10 3万3,800円 2,000 10 10
ORG20 6万7,600円 10,000 20 20

※チームメンバーのみに公開が出来るプロジェクトのこと。

■日本語サポート
・「PLAYCANVAS」 日本語サイトURL:https://playcanvas.com/
・お問い合わせ窓口:info@playcanvas.jp

<PLAYCANVAS CEO Will Eastcot様 コメント>
  巨大な開発者エコシステムを持つ日本市場に「PLAYCANVAS」のテクノロジーを紹介する最高のパートナーと出会えました。「PLAYCANVAS」を販売およびサポートする素晴らしいチームを得ることができ、ついに日本の開発者にモバイルウェブで3Dをフルに活用するお手伝いが出来ます。

【「GMOクラウド株式会社」とは】

 1996年のサービス開始以来、ホスティング事業者として13万を超える法人のお客様のサーバー運用実績と国内およそ6,000社の販売代理店を有しています。2011年2月にクラウドソリューション「GMOクラウド」を立ち上げクラウドサービス事業に本格的に参入して以降、クラウド事業に主軸を置いて国内のみならず世界へ向けてサービスを展開し、グローバル企業を含む多くの企業に最適なITインフラを提供しております。こうしたITインフラの提供で培ってきたノウハウを活かし、ソリューション事業の一環として、ネットワークエンジンの「Photon」シリーズ、ジェスチャー認識ソフトウェア「Ari」、クロスプラットフォーム開発キット「Marmalade」を販売し、ゲーム開発者を支援しております。
また、2007年より「GlobalSign」の電子認証サービスを連結会社のGMOグローバルサイン株式会社を中心にベルギー、英国、米国、中国、シンガポール、フィリピン、インド、ロシアに拠点を置き、グローバルに展開しております。

【サービスに関するお問い合わせ先】
◆GMOクラウド株式会社 PLAYCANVAS運営事務局
 
【報道関係お問い合わせ先】
◆GMOクラウド株式会社 社長室 広報担当 遠藤・松下
TEL:03-6415-6100 FAX:03-6415-6101  E-mail:pr@gmocloud.com
 
◆GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 石井・島田
TEL:03-5456-2695   E-mail:pr@gmo.jp

 

【GMOクラウド株式会社 会社概要】
会社名 GMOクラウド株式会社 <http://ir.gmocloud.com/>
(東証第一部 証券コード:3788)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役社長 青山 満
事業内容 ■クラウド・ホスティング事業 ■セキュリティ事業
■ソリューション事業 ■IAM事業
資本金 9億1,690万円
【GMOインターネット株式会社 会社概要】
会社名 GMOインターネット株式会社 <http://www.gmo.jp/>
(東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット証券事業
■モバイルエンターテイメント事業
資本金 50億円

 

  • 当サイトではプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバー証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバー証明書の検証結果をご確認ください。

  • DNV

    ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」並びに「JIS Q 27001:2006」を2006年11月に取得しました。