ニュースニュース
ITサービス検索・比較サイト運営大手のユーザラス社と業務提携
  • 2015-07-14
  • GMOクラウド

ITサービス検索・比較サイト運営大手のユーザラス社と業務提携

ITサービス検索・比較サイト運営大手のユーザラス社と業務提携
~「発注ナビ」に登録するシステム開発会社とのパートナー拡大を促進~

 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社(代表取締役社長:青山 満 以下、GMOクラウド社)は、ITサービス検索・比較サイト大手の「発注ナビ」(URL:http://hnavi.co.jp/ )を運営する株式会社ユーザラス(代表取締役社長 浅井 英行 以下、ユーザラス社)と、2015年7月14日(火)に以下の業務提携契約を締結いたしました。

 1)「発注ナビ」登録者が、GMOクラウド社の「パートナー制度」を利用する場合に、特典つきでクラウド・ホスティングサービスを提供する
 2)各種セミナー共催(登壇)等の、双方におけるプロモーション支援を行う

【業務提携の背景】

 GMOクラウド社が提携企業向けに用意している「パートナー制度」(URL:http://partner.gmocloud.com/ )とは、GMOクラウド社の多彩なクラウド・ホスティングサービス(以下、ITインフラ)を活用し、「販売」「開発」「構築」の3つの視点でビジネスを展開するパートナーをサポートする制度です。ITインフラを販売する「セールスパートナー」、ITインフラを基盤にゲームやWebアプリを開発する「アプリケーションパートナー」、構築・保守・運用を行う「ソリューションパートナー」の3種類のパートナー支援プログラムをご用意しております。
 一方、ユーザラス社は、システム開発案件を発注したい企業の発注担当者と、案件を受注したいシステム開発会社をつなぐ、ITサービス検索・比較サイト「発注ナビ」を運営しています。「発注ナビ」では、46万名を超える会員(発注担当者)を保有し、450社を超えるシステム開発会社が新規案件をスムーズに獲得できるよう、手厚いプロモーション支援を行っています。

 この度GMOクラウド社は、「パートナー制度」の提携企業を拡大することで、パートナー同士の新たな協業ネットワークを実現するべく、ユーザラス社との業務提携を行いました。
 この提携により、「発注ナビ」にご登録のシステム開発会社が、GMOクラウド社のパートナー提携をご希望の場合、『パートナー契約金(通常:税別5万2,500円)が無料』などの特典つきでITインフラサービスを利用することができます。ユーザラス社においても、システム開発会社へ「発注ナビ」への登録メリットを提示できるので、登録企業の増加が期待でき、より細かな発注担当者のニーズに応えることが可能となります。

 また両社は今後、各種セミナーの共催や、双方のプロモーション面でも協力関係を強めてまいります。

【セミナーの開催について】

 GMOクラウド社では、パートナー制度ご検討者向けのセミナーを7月22日(水)に東京・渋谷で開催いたします。
 また、この度の提携を受けて、ユーザラス社の発注ナビ事業部マネージャー・仙北裕規氏に特別ゲストとしてご登壇いただき、「営業いらずの受託案件獲得方法」と題し、「発注ナビ」について詳しくご案内いただく予定です。

<セミナー概要>

セミナー名 【7月開催】パートナー支援プログラム説明会
開催日時 2015年7月22日(水)15:00~17:20
開催場所 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
対象
・Web制作会社さま
・SIerさま
・営業会社さまWebサービスやASPサービスを自社で開発されている会社さま
・クラウドやホスティングを活用したパートナー制度にご興味をお持ちのお客さま
参加特典 「発注ナビ」新規掲載の初期費用を50%OFF
参加費 無料
セミナー詳細/申込 http://partner.gmocloud.com/news/seminar/201507/22.html

 

【株式会社ユーザラスとは】

 ユーザラス社は、2011年の設立以来、“こんなサービスが必要”という「ユーザー」の思いにお応えするべく、日本最大級の発注担当者のための会社検索・比較サイト「発注ナビ」の運営等の事業を行っています。この「ユーザー起点」を不変の使命として掲げ、徹底的にユーザーニーズにこだわった戦略的サービスの開発のため、たゆまぬ努力と進化を続けてまいります。

■株式会社ユーザラス 代表取締役社長 浅井 英行氏 コメント
『ユーザラスは、これまで定期的な取材による開発会社の把握とDB化を進め、450社3,000案件以上の開発実績に基づき最適なベンダーをピックアップして発注担当者の方へ紹介してまいりました。発注先の選定に悩む企業様のニーズへの対応をさらに拡大するために、ホスティングサービス、セキュリティサービスにおいて圧倒的な強みを有するGMOクラウド様との提携は双方のお客様にとってメリットが大きいと判断し、この度業務提携いたしました。今回の提携を通じて、発注担当者のお悩みを解決することで、より効果的でスピーディなシステム開発を支援し、双方のお客様の事業拡大に貢献できるものと確信しております。』

【「GMOクラウド株式会社」とは

 1996年のサービス開始以来、ホスティング事業者として13万を超える法人のお客様のサーバー運用実績と国内約6,000社の販売代理店を有しています。2011年2月にクラウドソリューション「GMOクラウド」を立ち上げクラウドサービス事業に本格的に参入して以降、クラウド事業に主軸を置いて国内のみならず世界へ向けてサービスを展開し、グローバル企業を含む多くの企業に最適なITインフラを提供しております。また、2007年より「GlobalSign」の電子認証サービスを連結会社のGMOグローバルサイン株式会社を中心にベルギー、英国、米国、中国、シンガポール、フィリピン、インド、ロシアの拠点よりグローバルに展開しております。

 
【報道関係お問い合わせ先】
◆GMOクラウド株式会社 社長室 広報担当 遠藤・松下
TEL:03-6415-6100 FAX:03-6415-6101  E-mail:pr@gmocloud.com
 
◆GMOインターネット株式会社 グループ広報部 石井・島田
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp
 
 
【GMOクラウド株式会社 会社概要】


会社名 GMOクラウド株式会社 <http://www.gmocloud.com/>

(東証第一部 証券コード:3788)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役社長 青山 満
事業内容 ■クラウド・ホスティング事業 ■セキュリティ事業
■ソリューション事業     ■IAM事業
資本金 9億1,690万円
【GMOインターネット株式会社 会社概要】


会社名 GMOインターネット株式会社 <http://www.gmo.jp/>

(東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■WEBインフラ・EC事業
■インターネットメディア事業
■インターネット証券事業
■ソーシャル・スマートフォン関連事業
資本金 50億円

 

  • 当サイトではプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバー証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバー証明書の検証結果をご確認ください。

  • DNV

    ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」並びに「JIS Q 27001:2006」を2006年11月に取得しました。

  • 当サイトでは、高機能マルウェア検知通知ツールのWebAlertにてマルウェアの検知を行い、Webサイトの安全性を維持しています。