ニュースニュース
GMOクラウド社の支援により、世界2万を超えるゲームの開発・運営に利用されているオンラインゲーム開発エンジン「Photon Cloud」の日本展開開始
  • 2013-04-02
  • GMOクラウド

GMOクラウド社の支援により、世界2万を超えるゲームの開発・運営に利用されているオンラインゲーム開発エンジン「Photon Cloud」の日本展開開始

GMOクラウド社の支援により、世界2万を超えるゲームの開発・運営に利用されている
オンラインゲーム開発エンジン「Photon Cloud」の日本展開開始
~リアルタイム、マルチプレイヤー*1、マッチメイキング*2に対応したオンラインゲームの開発・運用に最適~

 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社(代表取締役社長:青山 満 以下、GMOクラウド社)は、連結会社であるGMO CLOUD AMERICA INC.を通じて、ドイツのExit Games GmbH(CEO:Cristf Wegmann、本社:ドイツ・ハンブルク市 以下、Exit Games社)と、同社が開発・運営する「Photon Cloud」の日本展開において2013年3月1日に業務提携いたしました。
 「Photon Cloud」とは、リアルタイム、マルチプレイヤー*1、マッチメイキング*2に対応したオンラインゲームを開発・運営するために必要な開発ツールからサーバーまでを取り揃えたオンラインゲーム開発エンジンです。GMOクラウドは本提携において、「Photon Cloud」のマーケティングやプロモーション、日本語サポートを行います。
 また、2013年4月15日(月)からの日本向けの提供開始に先駆けて、本日4月2日から先行予約を受付開始いたします。
 GMOクラウド社はゲーム開発環境として著名な「Unity」主催で4月15日と16日に開催される大規模カンファレンス「Unite Japan」*3に出展し、「Photon Cloud」のお披露目をいたします。
 なお、「Photon Cloud」の日本のロケーションとして、GMOクラウドのIaaS型パブリッククラウド「GMOクラウドPublic」を採用いただくことが決定しております。
*1:少人数から大勢まで遊べるゲームのこと。
*2:マッチメイキングとは、プレイヤー間の自動マッチングを行うシステム。オンラインゲーム内において、プレイヤーのレベルに応じた対戦相手を自動で選出することで、ゲームバランスを調整する。
*3:「Unity」ユーザーによる「Unity」ユーザーのための最新の情報と実践的なセッションを提供する「Unity」主催の公式カンファレンスのこと。今回で7回目を迎える。

「Photon Cloud先行予約受付サイト」 http://photoncloud.jp/

【「Photon Cloud」の日本展開における業務提携について】

 「Photon Cloud」とは、Android™やiPhone®、ウェブブラウザなどの様々なプラットフォームにおいて、リアルタイム、マルチプレイヤー、マッチメイキングに対応したゲームの開発に必要なツール一式(SDK)と、運営に最適なサーバーシステムを構築済みの状態でご提供する、オンラインゲーム開発エンジンです。特に、ゲーム開発環境として著名な「Unity」の公式サイト上で唯一紹介されているオンラインゲーム基盤であることから、全世界で2万1,000を超えるゲームタイトルの開発・運営に利用されています。
 この度GMOクラウド社は、「Photon Cloud」の日本のロケーションに「GMOクラウドPublic」を採用いただいたことを機に、日本国内の個人ゲーム開発者や開発事業者が、オンラインゲーム市場へ気軽に参入していただけるよう、Exit Games社と「Photon Cloud」の日本展開において業務提携いたしました。GMOクラウド社は、本提携により以下のことを行います。

 1) 「Photon Cloud」のウェブサイトや技術書の日本語訳を行い、日本のゲーム開発者が言葉の障壁にとらわれることなく、海外のオンラインゲーム市場へ参入していただける環境をご提供いたします。
 2) 「Photon Cloud」の日本ロケーションとしてご採用いただいた「GMOクラウドPublic」の提供を通じて、日本向けにゲームを提供する国内・海外ゲーム開発者を支援いたします。
 3)「Photon Cloud」を日本国内の開発者へ積極的にご利用いただけるよう、マーケティングやプロモーションを行います。

【「Photon Cloud」の特長】

【1】同時接続ユーザー数20までは半永久的に無料で、収益ゼロの開発期間中も気軽に使えるプラン構成
  「Photon Cloud」は、ゲームの開発に必要なSDKを無料でお使いいただけます。また、最下位プランでならメールアドレスの登録だけで半永久的に無料で利用できるので、開発中のゲームのテスト運用のご利用に最適です。
  ゲームの一般公開後は、「ゲームにおいて同時接続ができるユーザー数(CCU)」や、「月間の利用ユーザー数(MAU)」、「同時発信メッセージ件数(秒間メッセージ数)」という料金テーブルからプランをお選びいただけます。なお、「Photon Cloud」では、通常の開発事業者向けの料金プラン「Pro Plan」と、「Pro Plan」と同内容でありながら割安でご利用いただける個人開発者や小規模な開発事業者限定の料金プラン「Indie Plan」をご用意しています。
  また、一般公開を開始した後は、「ダッシュボード」と呼ばれる管理ツールでCCU、ブロードキャストメッセージ(秒間メッセージ)*4数をリアルタイムに確認することができます。「Pro Plan」では、ご利用プランの上限であるCCUを一時的に引き上げることもでき、利用者の急増が見込まれるイベントの実施時や突然のユーザー流入などにも対応でき、機会損失を防ぐことが可能です。
  なお、年間でご契約いただくと、ご利用料金の2ヶ月分を割り引いてご提供する長期契約割引の特典もあり、ゲームタイトルの公開後、ゲームが収益化するまでの費用負担を抑えることが可能となります。(プロ開発者向けプラン限定特典)
*4:ブロードキャストメッセージとは、同じルーム内(ゲーム内)にいる全てのユーザーに、メッセージを同報送信する仕組みです。

【2】ゲーム開発に必要な充実したSDKやライブラリ
 Apple社のiPhone/iPadアプリマーケットのAppStoreで、年間ベストアプリの大半で利用されている「Unity」をはじめ、「HTML5」、「iOS」、「Android、Marmalade」、「.NET」など、有名ゲーム開発環境向けのSDKが充実しています。これにより、すぐにiPhoneやiPad、Android、WEBサイトなど、異なるプラットフォームに対応したオンラインゲームの開発が可能です。また、SDKをご利用にならない場合でも、「Unity」向けには「Photon Cloud」を簡単に 「Unity Networking」で利用可能にするライブラリ*5が配布しているので、ネットワーク通信のプログラム実装作業を素早く簡単に行うことができます。
*5:ライブラリとは、特定の機能を持つプログラムを、他のプログラムから引用できるように定型化し、これらを一つのファイルにまとめたもの。

【3】 サーバーの専門知識や構築の手間が不要、開発からわずか10分でゲーム公開が可能
 「Photon Cloud」でご提供するゲーム運営環境は、SaaS型での提供のため、こうした専門知識や煩雑な手間は一切不要で、ゲーム開発の完了からわずか10分程度でオンラインゲームの公開が可能です。サーバーもExitGames社による冗長化構成と自動復旧システムによって運用されるため、ゲーム開発者は開発だけに集中していただけます。
 また、通常グローバル展開をする際には、進出先の国(地域)ごとに、ホスティング事業者の選定からサーバー構築までを行う必要がありましたが、「Photon Cloud」はマルチロケーションに対応しており、接続先のロケーションをゲームプログラムの中で指定するだけで簡単に海外展開を行うことができます。

【4】 リアルタイム、マルチプレイヤー、クロスプラットフォーム対応
 「Photon Cloud」は、マルチプレイヤーによるリアルタイム通信が必要なゲームに対応しています。「Photon Cloud」のネットワーク通信機能を組み込むことで、カジノやテーブルゲームをはじめ、レースゲーム、対戦型シューティングゲーム、複数参加型オンラインゲーム、大規模多人数同時参加型オンラインゲームなど、幅広い種類のオンラインゲームを開発していただけます。
 なお、本サービスの利用者に向けて個人ゲーム開発者向けの割引プランも用意されており、気軽にマルチプレイヤーオンラインゲームを公開することができます。

【ご採用いただいた「GMOクラウドPublic」について】

 「GMOクラウドPublic」は、現在1,800社を超えるお客様にご利用いただいている、国内最安値水準で高品質なIaaS型パブリッククラウドです。IT市場専門の調査会社「MM総研」による第一回「ビジネスクラウド総合評価調査」では、各種レスポンススピードやパフォーマンステストの結果が高得点を記録したことや、SLA保証*6水準値を99.95%に設定していることから、最高水準の「AAA」評価をいただいております。また、データセンター拠点を選べる海外マルチロケーション(日本:東京、米国:サンノゼ、マレーシア:クアラルンプール)にも対応しており、複数箇所のデータセンターをご利用でも同じ管理画面から一元管理が可能です。さらに、専用サーバーサービスとのハイブリッド接続ができるのが特徴です。
 「Photon Cloud」の日本ロケーションとしての採用は、こうした調査機関による評価や、サービスの利便性を総合的にご評価いただいた結果と考えております。
*6 GMOクラウドPublicでは、サーバー稼働率を99.95%以上と規定するサービス品質保証制度(SLA)を導入しています。これを下回った場合には利用料金を減額又は返金いたします。

 今回のサービス提供開始にあたり、「Photon Cloud」の開発・運営元のExit Games社CEO Cristf Wegmann様、著名ゲーム開発環境「Unity」の開発元、Unity Technologies Inc.  CEO  David Helgason 様、「Unity」開発元の日本法人、Unity Technologies Japan合同会社 日本担当部長 大前 広樹 様、「Unity」で開発して「Photon Cloud」を利用しているiPhone/iPadアプリのオンラインゴルフゲーム「ダンジョンズ&ゴルフ」開発元のAppBankGAMES株式会社 代表取締役 宮川 義之 様より以下のとおりコメントをいただきました。

Exit Games GmbH  CEO  Cristf Wegmann 
  「Photon Cloud」は、世界で2万以上のゲーム開発者にご利用いただいているリアルタイムネットワークエンジンです。
 日本の代表的なゲーム開発会社の何社かが「Photon Cloud」を利用しており、より日本のゲーム市場における 「Photon Cloud」の需要に応えるために、独立第三者機関からクラウドプロバイダーとして「AAA」の格付けを受けていること、ゲーム開発コミュニティへ貢献していることからGMOクラウド社と業務提携をし、このたび日本語版のリリースをすることを決定いたしました。
 「Photon Cloud」を必要とする日本のゲーム開発者に喜んでもらえるサービスを、GMOクラウドと一緒に提供してまいります。

 Unity Technologies Inc.  CEO David Helgason 
 Unityは、大手ゲーム開発ベンダーと個人ゲーム開発者を同じ土俵で平等に競い合える世の中を作り出すための、最良な開発ツールになる事を唯一の目標としています。
Photon Cloudは、マルチプレイヤーゲームを、PC、Mac、ブラウザ、モバイル、コンソールなど、プラットフォームの垣根無く利用する事が出来る、拡張性のある素晴らしいSaaSのネットワークエンジンです。
 ゲーム開発者は、Unityのネットワーク機能の使いやすさと、Photon Cloudの高性能と安定性を一体化させた非常に良く出来たサービスを手軽に利用することができます。
 Unity Technologiesは、日本のゲーム開発者のために Photon Cloudのサービスが日本語で提供される事に非常にワクワクしています。

Unity Technologies Japan合同会社  日本担当部長 大前 広樹 
 日本でのサービスが開始される前から、Photon Cloudは日本のゲーム開発者の注目度が非常に高いサービスでした。その一つの理由は、小規模な開発チームでもとにかく無料ですぐ使える、手っ取り早く試せるフレンドリーさがあります。
 Photon Cloudを使えば、ネットワークゲームのプロトタイプを作る時にサーバー側のインフラや開発にコストを割く必要がなく、さらに実制作に入った時にそのままスケールアップ出来るというメリットがあります。
 Photon Cloudが大手サービスプロバイダーであるGMOクラウドの手によって運営されることで、従来の機能やフレンドリーさに加えて、日本語でのサポート、パフォーマンスや安定性もバッチリの、開発者にとってすばらしい選択肢になることを期待しています。

AppBankGames株式会社 代表取締役 宮川 義之 
 弊社では「起動したら即、地球上の誰かとマッチングしてマルチプレイが楽しめる」ゲームをいくつかリリースしていますが、ネットワークゲームが常識化した今でもこれは非常にハードルの高い挑戦で、モバイルデバイス同士をP2Pで繋いでマルチプレイを実現するのは、非常に複雑な開発過程と熟達した経験を要します。

 グラフィック、物理エンジン、AIが安価かつ、短期間で導入できる今、理想のネットワークゲームも同様に、Photonの登場で誰もが簡単に試せるようになったと思います。
 これでまた日本の開発者の幅が広がり、ゲームがまた、もっと面白くなるのではと、非常に期待しています。

【「Photon Cloudのスペック・ご利用料金】 

プラン名 20CCU 100CCU 500CCU 1000CCU 2000CCU 3000CCU 4000CCU
初期費用 無料
Pro Plan月額料金
※()は1ドル≒95円で換算した場合の日本円参考料金
無料 $19
(1,805円)
$89
(8,455円)
$169
(1万6,055円)
$338
(3万2,110円)
$507
(4万8,165円)
$676
(6万4,220円)
Indie Plan月額料金 無料 $9 $39 $69
CCU 20 100 500 1,000 2,000 3,000 4,000
MAU 4,000 20,000 100,000 200,000 400,000 600,000 800,000
秒間メッセージ数(per Room) 300 500
CCU Burst 対応可 対応可 対応可 対応可 対応可
プラン名 5000CCU 6000CCU 7000CCU 80000CCU 9000CCU 10000CCU
初期費用 無料
Pro Plan月額料金
※()は1ドル≒95円で換算した場合の日本円参考料金
$995
(9万4,525円)
$1,194
(11万3,430円)
$1,393
(13万2,335円)
$1,592
(15万1,240円)
$1,791
(17万145円)
$1,990
(18万9,050円)
Indie Plan月額料金
CCU 5,000 6,000 7,000 8,000 9,000 10,000
MAU 1,000,000 1,200,000 1,400,000 1,600,000 1,800,000 2,000,000
秒間メッセージ数(per Room) 500
CCU Burst 対応可 対応可 対応可 対応可 対応可 対応可

<注意事項>
●「IndiePlan」のご利用は、個人開発者および月次売上が1万USドル以下の事業者限定となります。
●1アプリにつき、いずれか1つのプランの利用が必要となります。
●「Pro Plan」では、年間契約していただくと長期契約特典としてご利用プランの月額料金2か月分の料金を割引してご提供いたします。
●ご利用料金は、為替レートによって変動します。決済当日の為替レートで円から米ドルに換算して決済いたします。

【「GMOクラウド株式会社」とは】

 1996年のサービス開始以来、ホスティング事業者として13万を超える法人のお客様のサーバー運用実績と国内6,000社を超える販売代理店を有しています。2011年2月にクラウドソリューション「GMOクラウド」を立ち上げクラウドサービス事業に本格的に参入して以降、クラウド事業に主軸を置いて国内のみならず世界へ向けてサービスを展開し、グローバル企業を含む多くの企業に最適なITインフラを提供しております。
 また、2007年より「GlobalSign」の電子認証サービスを連結会社のGMOグローバルサイン株式会社を中心にベルギー、英国、米国、中国、シンガポールの拠点よりグローバルに展開しております
 
 

【報道関係お問い合わせ先】
◆GMOクラウド株式会社 コーポレート部 遠藤・松下
TEL:03-6415-6100 FAX:03-6415-6101  E-mail:pr@gmocloud.com

◆GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 福井・石井
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp

【GMOクラウド株式会社 会社概要】

会社名
GMOクラウド株式会社 <http://www.gmocloud.com/> 
(東証マザーズ 証券コード:3788)
所在地
東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者
代表取締役社長 青山 満
事業内容
■ホスティングサービス事業 
■セキュリティサービス事業

【GMOインターネット株式会社 会社概要】

会社名
GMOインターネット株式会社 <http://www.gmo.jp/>
(東証第一部 証券コード:9449)
所在地
東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者
代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容
■WEBインフラ・EC事業
■インターネットメディア事業
■インターネット証券事業
■ソーシャル・スマートフォン関連事業

※「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
※「iPhone」はApple Inc.の登録商標です。iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
※その他記載されている会社名、製品名は、各社の商標、もしくは登録商標です。

  • 当サイトではプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバー証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバー証明書の検証結果をご確認ください。

  • DNV

    ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」並びに「JIS Q 27001:2006」を2006年11月に取得しました。

  • 当サイトでは、高機能マルウェア検知通知ツールのWebAlertにてマルウェアの検知を行い、Webサイトの安全性を維持しています。