ニュースニュース
「GMOクラウド 専用サーバー」で新シリーズ「スマートシリーズ」誕生
  • 2012-09-05
  • GMOクラウド

「GMOクラウド 専用サーバー」で新シリーズ「スマートシリーズ」誕生

「GMOクラウド 専用サーバー」で新シリーズ「スマートシリーズ」誕生
~最新のXeon CPU搭載の高性能サーバーが月額9,800円※から利用可能~

 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社(代表取締役社長:青山 満 以下、GMOクラウド社)は、「GMOクラウド専用サーバー」において、最新Xeon CPUを搭載した低価格で高性能な専用サーバーサービスの新シリーズ「スマートシリーズ」を2012年9月26日(水)より提供開始いたします。
 また、サービスの提供開始に先駆け、本日2012年9月5日(水)より先行予約の受付を開始いたします。先行予約期間にお申し込みいただいたお客様には、特別価格でオプションサービスをご利用いただける様々な特典をご用意しております。
※12ヶ月契約時の1ヶ月分の料金

【「スマートシリーズ」について】

 「スマートシリーズ」は、Intel社の最新CPU「Xeon E3-1230LV2」を搭載した高性能な専用サーバーを業界最安値水準の月額9,800円(税込)からという低価格でご利用いただける、「GMOクラウド 専用サーバー」の新シリーズです。

●データベースなどの高速処理を重視した用途に最適な「SSD240GB」を採用
 ストレージにハードディスク「SATA 500GB」をご利用いただけるプラン「Xeon SATA-S」の他、データ処理速度や耐久性などにおいてハードディスクより高性能なSSD(フラッシュメモリドライブ)の「SSD 240GB」をご利用いただけるプラン「Xeon SSD-S」をご用意しており、データベースなどの高速処理を重視した用途にもご利用いただけます。

● 必要な運用代行サービスだけを選べる「マネージドサービス」を利用可能
 「スマートシリーズ」においても、従来の「バリューシリーズ」、「マスターシリーズ」と同様に、GMOクラウド社の専門エンジニアが運用を代行するオプションサービス「マネージドサービス」がご利用いただけます。セキュリティ対策や監視・復旧、バックアップなど、代行が必要なものだけを選んでご契約いただけるため、無駄なコストを省いて利用することができます。「マネージドサービス」の他にも、不正アクセスやフィッシング被害を未然に防ぐ共用型ファイアーウォールなどのオプションサービスもご利用いただけます。

●パブリッククラウドサービス「GMOクラウドPublic」とのハイブリッド連携が可能
 GMOクラウド社のパブリッククラウドサービスである「GMOクラウドPublic」とローカルネットワークでの接続が可能です。重要な情報やデータベースを専用サーバーで、拡張性が必要なWebサーバーやアプリケーションの運営をパブリッククラウドで行うといった、機密性と利便性を兼ね備えたホスティング環境を実現するハイブリッド連携が可能です。

「スマートシリーズ」利用料金(金額はすべて税込)


プラン名 初期設定
費用
月額利用料金 CPU メモリ ストレージ 回線
12ヶ月 6ヶ月 1ヶ月
Xeon SATA-S 79,800円 9,800円 10,800円 11,800円 Xeon
E3-1230
LV2(4Core)
標準16GB SATA
500GB x2
(RAID1)
100Mbps
共有回線
Xeon SSD-S 79,800円 12,800円 13,800円 14,800円 最大32GB SSD
240GB x2
(RAID1)

先行予約特典について

 サービスの提供開始に先駆け、期間内に「スマートシリーズ」へ予約申込いただいたお客様を対象に、様々な特典をご提供する先行予約を実施いたします。

期     間 2012年9月5日(水)~2012年9月25日(火)
対     象 期間中に「スマートシリーズ」にお申込みいただいたお客様
特  典  内  容 1) オプションサービス「共用ファイアーウォール」初期設定費用(10,500円/税込)が無料
2) オプションサービス「ロードバランサー」初期設定費用(15,750円/税込~)が無料
3) オプションサービス「マネージドサービス」月額利用料金を通常価格から20%割引
4)オプションサービス「システム移行サービス」初期設定費用を通常価格から20%割引
※特典は全て適用可能です。
申込U R L http://private.gmocloud.com/lp/xeon.html?id=pr

◎参考:オプションサービス一覧

「マネージドサービス」 URL:http://private.gmocloud.com/managed/
「共用ファイアーウォール」  URL:http://private.gmocloud.com/server/option/firewall_shared.html
「ロードバランサー」 URL:http://private.gmocloud.com/server/option/loadbalancer.html
「サーバー移転代行サービス」 URL:http://private.gmocloud.com/managed/system.html

「GMOクラウド 専用サーバー」とは

 「GMOクラウド専用サーバー」は、高い信頼性と充実したサポート体制を備えた専用ホスティングサービスです。手軽にご利用いただける低価格なプランから、ハイスペックなプランまでの充実したプラン構成に加え、セキュリティ対策や監視・復旧、バックアップなど必要に応じた運用環境を提供する「マネージドサービス」をご用意し、お客様の多様なニーズにお応えできるよう努めています。
 また、GMOクラウド社のパブリッククラウドサービス「GMOクラウドPublic」と連携して利用することで、クラウドの拡張性と専用サーバーの堅牢性を両立させたシステム設計が可能になります。
 

【「GMOクラウド株式会社」とは】

 1996年のサービス開始以来、ホスティング事業者として13万を超える法人のお客様のサーバー運用実績と国内6,000社の販売代理店を有しています。2011年2月にクラウドソリューション「GMOクラウド」を立ち上げ、クラウドサービス事業に本格的に参入して以降、クラウド事業に主軸を置いて国内のみならず世界へ向けてサービスを展開し、グローバル企業を含む多くの企業に最適なITインフラを提供しております。
 また、2007年より「GlobalSign」の電子認証サービスを連結会社のGMOグローバルサイン株式会社を中心にベルギー、英国、米国、中国、シンガポール、フィリピン、インドの拠点でグローバルに展開しております。
 
 

【報道関係お問い合わせ先】
◆GMOクラウド株式会社 コーポレート部 遠藤・古見
TEL:03-6415-6100 FAX:03-6415-6101  E-mail:pr@gmocloud.com

◆GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 細田・石井
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp

【GMOクラウド株式会社 会社概要】

会社名
GMOクラウド株式会社 <http://www.gmocloud.com/> 
(東証マザーズ 証券コード:3788)
所在地
東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者
代表取締役社長 青山 満
事業内容
■ホスティングサービス事業 
■セキュリティサービス事業
資本金
9億1,007万円(2012年6月末現在)

【GMOインターネット株式会社 会社概要】

会社名
GMOインターネット株式会社 <http://www.gmo.jp/>
(東証第一部 証券コード:9449)
所在地
東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者
代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容
■WEBインフラ・EC事業
■インターネットメディア事業
■インターネット証券事業
■ソーシャル・スマートフォン関連事業
資本金
30億円

 

  • 当サイトではプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバー証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバー証明書の検証結果をご確認ください。

  • DNV

    ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」並びに「JIS Q 27001:2006」を2006年11月に取得しました。