ニュースニュース
クラウド基盤のVPS※1「GMOクラウド VPS」を提供開始
  • 2012-04-04
  • GMOクラウド

クラウド基盤のVPS※1「GMOクラウド VPS」を提供開始

クラウド基盤のVPS※1「GMOクラウド VPS」を提供開始

 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社(代表取締役社長:青山 満 以下、GMOクラウド社)は、スタートアップからエンタープライズまで対応した包括的なクラウドソリューション「GMOクラウド」において、クラウド基盤のVPS※1サービス「GMOクラウド VPS」を、2012年4月11日(水)より提供開始いたします。
  また、本サービスを先行予約いただいた方を対象に、初期費用が無料になるキャンペーンを本日2012年4月4日(水)から実施いたします。

※1:VPS(Virtual Private Server)とは、1台のサーバー上にあたかも専用サーバーのような独立した領域(仮想専用サーバー)を動作させることで、共用サーバーの運用の手軽さと専用サーバーの高い拡張性能を併せ持ったレンタルサーバー。

【「GMOクラウド VPS」について】(URL:http://vps.gmocloud.com/

 「GMOクラウドVPS」は、GMOクラウド社がこれまで培ってきたクラウドサービス提供ノウハウを活かし、自由度や使いやすさを追求した新しいVPSサービスです。仮想化技術にKVM※2を採用し、クラウドサービス並みに高い可用性と自由度を持つ仮想化されたサーバー環境を、GMOクラウド社が独自に開発したサーバー管理ツールから簡単に構築・管理することが可能です。

※2:KVM(Kernel-based Virtual Machine)とは、サーバーを仮想化するための技術の1つで、Linux OSの基本機能の役割を担うソフトウェアであるLinuxカーネルに組み込まれているため、仮想マシンを効率よく実行できるうえ、高性能かつ高い拡張性、そしてサーバーの仮想化を実現することができます。

特長1.業界屈指のコストパフォーマンスを実現

スモールスタートに最適なスペックから専用サーバー並みに高スペックな環境(メモリ12GB、CPU7コア)まで、お客様の用途に合わせてお選びいただけるよう、月額1,480円~※3の5種類のプランをご用意いたしました。「スモールプラン」(メモリ4GB、CPU4コア)は、月額2,980円で、1ヶ月あたりのメモリおよび仮想CPUの単価は745円※4と、業界屈指のコストパフォーマンスを実現しています。

※3:「マイクロプラン」12ヶ月契約の場合の月額料金。
※4:「スモールプラン」12ヶ月契約の場合の1ヶ月あたりの単価。

特長2.直感的な操作で自由に組み合わせてVPSを構築

様々なOSによる仮想OSテンプレート(全4種類)と開発者パッケージ(全4種類)との15通りの組み合わせに加え、独自ドメイン名の登録・設定やコントロールパネル(Plesk)などを、お客様の用途や好みに合わせサーバー管理ツールから設定できます。ドラッグ&ドロップといった直感的な操作で選ぶだけで、自動でVPSが設定されるため、面倒な作業は必要なく、すぐにVPS環境を利用することができます。また、VPS環境をご利用中に、OSテンプレートや開発者パッケージを設定変更する機能にも近日対応予定です。

vps1.jpg

特長3.フェイルオーバー※5機能による高い耐障害性

可用性や自由度に加え、耐障害性を備えたVPS運用を行っていただけるよう、フェイルオーバー機能※5をご用意しています。万が一の障害や急なパフォーマンスの低下といったトラブルが発生した際には、お客様のデータを自動で別の正常な物理マシンへ移行し、再起動します。物理マシンの障害による被害範囲を最小限にとどめる対策として有効です。

※5:サーバーに障害が発生した時に、代替サーバーがデータを引き継ぐ機能。

特長4.利用規模に応じて「GMOクラウド Public」への移行が可能

「GMOクラウド VPS」は、お客様の利用規模や負担軽減の対策が必要になった際に、オートスケールやファイアウォール、リソースコントロールを自在に行える「GMOクラウド Public(URL:http://www.gmocloud.com/feature/)」へ簡単に環境移行することができる機能を4月下旬より提供する予定です。

img03.gif

「GMOクラウド VPS」 仕様

データ転送量 無制限
回線速度 100Mbps共有回線
仮想化ソフトウェア KVM
標準OS CentOS 5.5 64/32bit
OSテンプレート CentOS5.5 64bit/32bit
Windows 2008 Standard Edition R2 JP 64bit
Windows 2008 Enterprise Edition R2 JP 64bit
Windows Enterprise Edition R2 JP_sqlent 64bit
 
開発者パッケージ LAMPPパック、JAVA開発パック、RubyOnRails2パック、RubyOnRails3パック 
サーバー管理ツール 「GMOクラウド」オリジナル
コントロールパネル Parallels Plesk Panel9.5 (10ドメイン/30ドメイン / 100ドメイン)
root権限 付与
IPアドレス 1個 (追加IPアドレス提供予定)
耐障害性対策 フェイルオーバー機能

「GMOクラウドVPS」プラン概要

プラン名 仮想CPU メモリ ディスク容量 月額料金(税込)※6 初期費用(税込)
マイクロ 3コア 2GB 100GB 1,480円 2,980円
スモール 4コア 4GB 150GB 2,980円 3,980円
ミドル 5コア 6GB 200GB 4,480円 5,980円
ラージ 6コア 8GB 250GB 6,480円 9,980円
グランデ 7コア 12GB 300GB 10,480円 19,800円

※6:  12ヶ月契約の料金。

【キャンペーン概要  (URL:http://vps.gmocloud.com/campaign/release.html)】

 「GMOクラウド VPS」のリリースを記念して、先行予約していただいた方を対象に初期設定費用が無料になるキャンペーンを本日より実施いたします。
キャンペーン名 GMOクラウドVPSリリース記念キャンペーン
期間 2012年4月4日(水)~2012年4月10日(火)
対象 期間中に「GMOクラウドVPS」をご予約いただいたお客様
内容 最大19,800円(税込)の初期設定費用を無料で提供いたします
 

【「GMOクラウド株式会社」とは】

 1996年のサービス開始以来、ホスティング事業者として13万を超える法人のお客様のサーバー運用実績と国内6,000社の販売代理店を有しています。2011年2月にクラウドソリューション「GMOクラウド」を立ち上げクラウドサービス事業に本格的に参入して以降、クラウド事業に主軸を置いて国内のみならず世界へ向けてサービスを展開し、グローバル企業を含む多くの企業に最適なITインフラを提供しております。
 また、2007年より「GlobalSign」の電子認証サービスを連結会社のGMOグローバルサイン株式会社を中心にベルギー、英国、米国、中国、シンガポールの拠点よりグローバルに展開しております。
 
 

【報道関係お問い合わせ先】

◆GMOクラウド株式会社 コーポレート部 遠藤・古見

TEL:03-6415-6100 FAX:03-6415-6101  E-mail:pr@gmocloud.com

◆GMOインターネット株式会社 グループ広報部 細田・石井

TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp

【GMOクラウド株式会社 会社概要】

会社名
GMOクラウド株式会社 <http://www.gmocloud.com/> (東証マザーズ 証券コード:3788)
所在地
東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者
代表取締役社長 青山 満
事業内容
■ホスティングサービス事業 
■セキュリティサービス事業
資本金
9億1,007万円(2011年12月末現在)

【GMOインターネット株式会社 会社概要】

会社名
GMOインターネット株式会社 <http://www.gmo.jp/>
(東証第一部 証券コード:9449)
所在地
東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者
代表取締役会長兼社長 熊谷 正寿
事業内容
■WEBインフラ・EC事業
■インターネットメディア事業
■インターネット証券事業
■ソーシャル・スマートフォン関連事業
資本金
20億円

 

  • 当サイトではプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバー証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバー証明書の検証結果をご確認ください。

  • DNV

    ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」並びに「JIS Q 27001:2006」を2006年11月に取得しました。