ニュースニュース
スターティアとGMO-HSが事業提携 マルウェア対策を機軸としたウェブセキュリティ対策強化へ
  • 2010-09-14
  • GMOクラウド

スターティアとGMO-HSが事業提携 マルウェア対策を機軸としたウェブセキュリティ対策強化へ

スターティアとGMO-HSが事業提携
マルウェア対策を機軸としたウェブセキュリティ対策強化へ

スターティア株式会社(以下、スターティア)とGMOインターネットグループのGMOホスティング & セキュリティ株式会社(以下、GMO-HS)は、2010年9月14日(火)に、マルウェア感染を引き起こすサイト改ざん被害の抑制を目的とした相互協力を図ることで事業提携に合意いたしました。

その一環として本年10月から、GMO-HSのウェブサイトのマルウェア感染を調べるウェブセキュリティ対策サービスを、スターティアのホスティングサービスを利用するお客様へ提供いたします。

【事業提携の背景】

現在、多くの企業サイトが不正に改ざんされ、マルウェアを拡散する踏み台として悪用されています。2009年における世界的なマルウェア感染の傾向として、20秒に1件の割合で新たなマルウェアの攻撃が発生(*1)、また感染ウェブサイトは約1.8秒に1件発生という結果(*2)が出ています。その感染経路も、多くの被害がウェブサイト経路であるといわれています。ウェブサイトを運営する企業は、このように増大するインターネット上の脅威への対抗手段と信頼性の高いホスティング環境のほか、被害発生後の迅速かつ適切な復旧支援が必要となります。

(*1) 出典: 「G Dataマルウェアレポート(2009年下半期)」 http://gdata.co.jp/press/archives/2010/02/1160.htm
(*2) 出典: 「ソフォス セキュリティ脅威レポート2010」 http://www.sophos.co.jp/pressoffice/news/articles/2010/02/malware-hosting-countries.html

この度、ウェブサイトの安全対策に関する継続的な啓蒙活動の推進から被害サイトの救援まで幅広い支援体制を構築するため、企業向けのホスティング事業を展開するスターティアと、ホスティング事業およびマルウェア対策の導入支援を展開するGMO-HSは、ホスティング事業者同士で協力することに合意いたしました。

【事業提携の内容】

スターティアとGMO-HSは、両社の間で協力体制を敷き、マルウェア対策に関する以下の項目を共同で実施いたします。

(1)マルウェア対策サービスの提供

GMO-HSが提供するマルウェア対策サービスを、スターティアのホスティングサービスを利用するお客様へ提供いたします。

(2)マルウェア感染に起因する改ざん被害からの復旧サポートに関するノウハウを共有

GMO-HSとスターティアは、両社の間でマルウェアに起因するサイト改ざん被害からの復旧対策や復旧手順など、多くのお客様のサイトを管理する上で知り得たノウハウを情報交換し、お客様の「安全・安心」なウェブサイト運営を実現する場の提供に尽力いたします。

(3)お客様へのマルウェア対策にかかる啓蒙活動(セミナー、啓蒙を目的とする情報発信など)

ウェブサイトを運営する企業や事業者のお客様に、マルウェア感染の被害やその対策方法などに関する認識を高めていただくため、共同セミナーやメール配信など多角的な情報発信を通じて啓蒙活動を行ってまいります。

【スターティア株式会社について】

東京都新宿区に拠点を置く、法人向けITサービス及び電子ブック作成ソフトの提供を行う企業です。オフィスのインフラを総合的に提案するワンストップシステムを採用し、中小企業のオフィスをトータルプロデュースしています。2005年12月東証マザーズ上場。レンタルサーバーサービスを平成12年1月より開始。現在の取引顧客数は約3万3,000社。
http://www.startia.co.jp/

【GMOホスティング&セキュリティ株式会社について】

1997年の設立以来、「アイル」と「ラピッドサイト」の2ブランドで広範囲なホスティング・サービスを提供する国内最大級のホスティング・プロバイダーです。2010年、SaaS型のセキュリティ・サービスを取り扱う「SecureStar」を立ち上げ新たな展開を開始しました。ホスティングサービス事業を中核に、電子証明書発行をはじめとするセキュリティ・サービス事業など各種インターネットソリューションを展開しています。2006年11 月には、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」「JIS Q 27001:2006」を取得しております。
http://www.gmo-hs.com

【報道関係お問い合わせ先】

◆スターティア株式会社 ネットワークソリューション事業部 営業担当 辻
TEL:03-5339-2240 FAX: 03-5339-2104 E-mail:info@startia.co.jp

◆GMOホスティング & セキュリティ株式会社 経営財務本部 広報担当 加藤
TEL:03-6415-6100 FAX:03-6415-6101  E-mail:pr@gmo-hs.com

◆GMOインターネット株式会社 グループ広報部 細田・石井
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp

【スターティア株式会社 会社概要】

会社名 スターティア株式会社< http://www.startia.co.jp/ >
(東証マザーズ 証券コード:3393)
所在地 東京都新宿区西新宿2丁目3番1号  新宿モノリス19F
代表取締役社長 兼最高経営責任者 本郷 秀之
事業内容 ■中堅・中小企業に対して通信インフラからネットワーク構築までオフィスに関わるサービスをトータルに提供
資本金 4億1,696万円

【GMOホスティング&セキュリティ株式会社 会社概要】

会社名 GMOホスティング&セキュリティ株式会社 <http://gmo-hs.com/>
(東証マザーズ 証券コード:3788)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役社長 青山 満
事業内容 ■ホスティングサービス事業
■セキュリティサービス事業
資本金 9億832万円(2010年6月末現在)

【GMOインターネット株式会社 会社概要】

会社名 GMOインターネット株式会社 <http://www.gmo.jp/>
(東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役社長 熊谷 正寿
事業内容 ■WEBインフラ・EC事業
■インターネットメディア事業
資本金 12億7,683万円
 
※プレスリリースに記載されている情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

以上

  • 当サイトではプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバー証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバー証明書の検証結果をご確認ください。

  • DNV

    ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」並びに「JIS Q 27001:2006」を2006年11月に取得しました。

  • 当サイトでは、高機能マルウェア検知通知ツールのWebAlertにてマルウェアの検知を行い、Webサイトの安全性を維持しています。