ニュースニュース
「Exchangeサービス」が ウィルコムのスマートフォン新機種「Advanced/W-ZERO3 [es]」に対応
  • 2007-08-06
  • GMOクラウド

「Exchangeサービス」が ウィルコムのスマートフォン新機種「Advanced/W-ZERO3 [es]」に対応

 GMOインターネットグループのGMOホスティング&セキュリティ株式会社(代表取締役社長:青山 満 URL:http://gmo-hs.com/ 以下、GMO-HS)の主力ホスティングブランド「アイル」と「ラピッドサイト」が提供する「Exchangeサービス」は、Microsoft Mobile® 6 Classicを採用した株式会社ウィルコム(以下、ウィルコム)の最新機種である、スマートフォン「Advanced/W-ZERO3 [es](型番:WS011SHP)」に対応いたしました。これにより、「Exchangeサービス」がウィルコムのスマートフォン全機種に対応したこととなります。(2007年8月6日現在)
今回の全機種対応により、サービスの利便性が向上し、ビジネスシーンにおいて有効にご活用いただけます。

◆ ◆ ◆【「Exchangeサービス」について】
 Microsoft® Exchange Server 2003により、Eメールを利用したスケジュール管理や情報共有を、PCだけでなくWindows対応のモバイル端末(携帯電話やPDAなど)から利用できる、ビジネスシーンに有効なシステムソリューションです。ASP形式で提供するので、導入・運用の業務およびコスト負担を抑えて、高機能なメッセージングサービスを1メールアカウントから利用できます。

特長1.  Microsoft® Exchange Server をホスティングサービスとして提供
 「Exchangeサービス」は、大企業向けシステムソリューションMicrosoft® Exchange Serverをご利用いただけるASPサービスです。初期導入コストや運用コストを抑え、中小企業や個人ユーザーでも手軽に導入できる環境をご用意いたしました。

特長2.  利用目的に合わせたPOPメールとの組み合わせ導入が可能
 同じドメインを使ったメールアドレスの作成をPOPメールとExchangeメールを組み合わせて導入可能。社員全員にExchangeメールを持たせるにはコストが掛かる場合など、POPメールとExchangeメールを組み合わせることで導入コスト軽減を実現。

特長3. 1メールアドレスから利用可能なので個人での利用にも対応
  「Exchangeサービス」は1メールアドレス単位でのお申し込みが可能。

<詳細URL>
※利用料金等の詳細につきましては、以下のURLをご参照ください。
・アイル:http://windows.isle.jp/exchange/
・ラピッドサイト:http://windows.rapidsite.jp/
※「Advanced/W-ZERO3 [es]」の詳細につきましては、下記URLをご参照ください。
URL:http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/ws/011sh/index.html

 GMO-HSは、「Exchangeサービス」を今後もスマートフォン新機種が投入された際には、迅速に対応させ、成長を続けるスマートフォン市場での利用拡大を目指します。

「Advanced/W-ZERO3 [es]」への対応にあたり、株式会社ウィルコムから賛同コメントをいただいております。
株式会社ウィルコム 取締役執行役員副社長 ソリューション営業本部長 土橋 匡様
 7月19日にAdvanced/W-ZERO3[es]を発売させていただき、好評を得ております。Advanced/W-ZERO3[es]はユーザーインターフェースの向上、セキュリティ機能の強化等が行われている最新モバイルOS 「Windows Mobile6」を搭載しており、ビジネス面で使い勝手がより向上されております。さらに、このたびGMOホスティング&セキュリティ株式会社様のExchangeサービス対応により、ビジネスシーンでスマートフォンの利用が今後ますます加速されていくと期待しております。

「Exchange無料トライアル」について】
 GMO-HSではお使いのスマートフォンを使って「Exchangeサービス」を体験できる無料トライアルを随時実施しております。詳細は次のURLをご参照ください。
・ア  イ  ル :http://windows.isle.jp/exchange/
・ラピッドサイト:http://windows.rapidsite.jp/

「GMOホスティング&セキュリティ株式会社」とは
1997年の設立以来、「アイル」と「ラピッドサイト」の2ブランドで広範囲なホスティングサービスを提供する国内最大級のホスティング・プロバイダーです。ホスティングサービス事業を中核に、電子証明書発行をはじめとするセキュリティ事業など各種インターネットソリューションを展開しています。また、ISPやホスティング事業者を対象としたホスティングサービスのOEM提供にも注力しています。2006年11月には、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」「JIS Q 27001:2006」を取得しております。

【報道関係お問い合わせ先】
◆GMOホスティング&セキュリティ株式会社 経営企画室・広報担当 加藤
TEL:03-6415-6100 FAX:03-6415-6101 E-mail:pr@gmo-hs.com
◆GMOインターネット株式会社 グループ広報チーム 細田・石井
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611 E-mail:pr@gmo.jp

【GMOホスティング&セキュリティ株式会社 会社概要】
会社名 GMOホスティング&セキュリティ株式会社<http://gmo-hs.com/>

(東証マザーズ 証券コード:3788)

所在地

東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー

代表取締役社長

青山 満

事業内容

■ホスティングサービス事業

■セキュリティ事業

資本金

9億206万円


【GMOインターネット株式会社 会社概要】
会社名

GMOインターネット株式会社 <http://www.gmo.jp/>

(東証第一部 証券コード:9449)

所在地

東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー

代表取締役会長兼社長

熊谷 正寿

事業内容

■インターネット活用支援事業(ネットインフラ事業)

■インターネット集客支援事業(ネットメディア事業)

■インターネット金融事業 (ネット金融事業)

資本金

96億5,175万円

本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標となります。
プレスリリースに記載されている情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

以上

  • 当サイトではプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバー証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバー証明書の検証結果をご確認ください。

  • DNV

    ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」並びに「JIS Q 27001:2006」を2006年11月に取得しました。

  • 当サイトでは、高機能マルウェア検知通知ツールのWebAlertにてマルウェアの検知を行い、Webサイトの安全性を維持しています。