ニュースニュース
中小企業のコミュニケーション効率を向上させる「Windows コラボレーションホスティング」を開発
  • 2007-02-15
  • GMOクラウド

中小企業のコミュニケーション効率を向上させる「Windows コラボレーションホスティング」を開発

 GMOインターネットグループのGMOホスティング&セキュリティ株式会社(代表取締役社長:青山満 URL:http://gmo-hs.com/ 以下、GMO-HS)は企業におけるコミュニケーションを効率的に向上させ、Microsoft(R)Office製品との親和性に優れたコラボレーション環境を多角的に実現するし、企業におけるコミュニケーションを効率を的に向上させる「Windows コラボレーションホスティング」を、ホスティングブランド「アイル(http://windows.isle.jp/)」および及び「ラピッドサイト(http://windows.rapidsite.jp/)」にて2007年4月上旬より展開いたします。なお、本日2月15日(木)より、同サービスをいち早く体験できる無料トライアルの受付を開始いたします。

◆ ◆ ◆

 社員間のコミュニケーションから成る組織力の向上や内部統制の整備、コンプライアンスの強化が求められる今日、初期投資及び及び継続的な運用管理コストを軽減しながら、より戦略的かつ効果的なソリューションを実現するための高付加価値ホスティングサービスへのニーズが高まる傾向にあります。

 GMO-HSでは、世界規模の企業レベルで幅広く採用され、利便性並びに高機能性を訴求した Windows ベースのビジネスソリューションに着目し、費用対効果や将来的な拡張性の優れた中小企業向けのホスティングソリューションを開発しました。

 電子メール、ウェブ及び及びグループウェアを包括的に統合した「Windows コラボレーションホスティング」では、社員間での情報共有や社内外での共同作業を円滑化するコミュニケーション・プラットフォームを企業ニーズに応じて提供します。コミュニケーション効率の向上によって、組織としての生産性向上や業務効率化を図るだけでなく、IT導入によって差別化の格差の進む中小企業市場での競争力を高めるのに役立ちます。また、人と人とのコミュニケーションや、情報や、ワークフローなど企業経営を支える重要な要素をシームレスに繋ぐ、快適かつ先進的なワークスタイルを実現いたします。


「Windows コラボレーションホスティング」の概要
 「Windows コラボレーションホスティング」は、ビジネスにおいて重要な情報伝達手段として挙げられる、以下の3つのサービスでソリューションを中心に構成されています。必要な機能ソリューションを自由に組み合わせて、企業規模や業務フローに対応した独自のホスティングサービスをが利用可能です。

(1)快適なメッセージング・システムを実現する「Exchangeサービス」
 電子メール、スケジュール、ファイルなど社内の情報資産の共有を、大規模企業を中心に高い導入実績を誇るMicrosoft® Exchange Server 2003により、高性能・高機能なメッセージング・システムに対する初期投資のリスクを抱えることなく、手軽にセキュアなホスティング環境下にてご利用いただけます。自宅や外出先のPC、または携帯電話やPDAなどWindows対応のモバイル端末を通じ、オフィス同様の、快適なワークスタイルのメリットを享受するメリットが得られます。

(2)組織による情報共有と共同作業の円滑化を図る「SharePoint サービス」
 組織内外のプロジェクトチームやコミュニティの利用を想定し、複雑化する業務プロセス上での情報共有と共同作業を円滑に行うためのコミュニケーション・プラットフォームを提供いたします。Microsoft Office 製品と連携したドキュメント管理や業務上の情報共有を目的とした会員制ポータルサイトの運営など、大切な情報を集約して一括管理し、組織の生産性を高めます。

(3)情報発信や開発環境として最適なウェブサービス「IIS サービス」
 対外的な企業情報の発信拠点となる複数ドメイン展開のウェブサイト運営や費用対効果の求められるインターネットビジネスの運用プラットフォームとして、多様化する企業ニーズに柔軟に対応可能な Windows ベースのウェブサービスです。.NET Frameworkが実装されているため、Windows 技術者向けのウェブアプリケーション開発・構築環境としても最適です。


■無料トライアルの概要
 「Windows コラボレーションホスティング」の中核であり、電子メールによるコミュニケーションの効率化を体験できる「Exchange サービス」の無料トライアルの受付を本日より開始いたします。

 本トライアルでは、ウェブブラウザや携帯電話、Windows Mobile(TM)対応端末を通じて、Microsoft(R) Exchange Server 2003が実現する最新のワークスタイルをホスティング環境で手軽に利用することができます。

受付期間: 2007年2月15日(木)~4月1日(日)
申し込み方法: 各ブランドの専用サイトより、お申し込みください。
アイル:http://windows.isle.jp/
ラピッドサイト:http://windows.rapidsite.jp/

 国内の個人事業者及び中小企業を中心に約140,000社へのホスティングサービス導入実績を有するGMO-HSは、「アイル」「ラピッドサイト」並びに国内4,000社の販売代理店によるホスティング市場での拡販力を活かし、「人」と「人」との繋がりを緊密にしてワークスタイルの質を向上させる「Windows コラボレーションホスティング」の普及を促進してまいります。

また、今回のサービス提供について、以下の賛同文を頂戴しております。

マイクロソフト株式会社 通信メディアソリューション本部 本部長 杉山 昇様
 このたびGMO-HS様がExchange Serverを採用したホスティングサービスを開始されることで、日本のお客様にOutlookから利用できる様々な情報共有機能の魅力を広くご紹介できることを喜んでおります。北米・ヨーロッパの法人ユーザーの間でこの数年爆発的に市場が拡大しているExchange Severのホスティングサービスは、中堅中小のお客様でも大企業並みの情報共有ツールを手軽に導入できるのが特徴です。GMO-HS様のサービスが日本の市場でも成功することを祈念するとともに、マイクロソフトもこの新しい市場を開拓するご支援をして参ります。


「GMOホスティング&セキュリティ株式会社」とは
 1997年の設立以来、「アイル」と「ラピッドサイト」の2ブランドで広範囲なホスティングサービスを提供する国内最大級のホスティング・プロバイダーです。ホスティングサービス事業を中核に、電子証明書発行をはじめとするセキュリティ事業など各種インターネットソリューションを展開しています。また、ISPやホスティング事業者を対象としたホスティングサービスのOEM提供にも注力しています。本2006年11月には、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」「JIS Q 27001:2006」を取得しております。


【報道関係お問い合わせ先】
◆GMOホスティング&セキュリティ株式会社経営企画室・広報担当 加藤
TEL:03-6415-6100 FAX:03-6415-6101 E-mail:pr@gmo-hs.com

◆GMOインターネット株式会社 グループ広報チーム 細田
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611 E-mail:pr@gmo.jp


【GMOホスティング&セキュリティ株式会社 会社概要】
会社名 GMOホスティング&セキュリティ株式会社<http://gmo-hs.com/>
(東証マザーズ 証券コード:3788)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役社長 青山 満
事業内容 ■ホスティングサービス事業
■セキュリティ事業
資本金 9億206万円

【GMOインターネット株式会社 会社概要】
会社名 GMOインターネット株式会社 <http://www.gmo.jp/>
(東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役会長兼社長 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネット活用支援事業(ネットインフラ事業)
■インターネット集客支援事業(ネットメディア事業)
■インターネット金融事業(ネット金融事業)
資本金 3371億24,829万円

※Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
※.NET Framework、SharePoint、IISは、米国Microsoft Corporationの米国および及びその他の国における登録商標または商標です。
※その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

以上

  • 当サイトではプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバー証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバー証明書の検証結果をご確認ください。

  • DNV

    ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」並びに「JIS Q 27001:2006」を2006年11月に取得しました。

  • 当サイトでは、高機能マルウェア検知通知ツールのWebAlertにてマルウェアの検知を行い、Webサイトの安全性を維持しています。