ニュースニュース
ビジネスブログの利用促進を目指して「Movable Type コンテスト 2005」開催
  • 2005-06-29
  • GMOクラウド

ビジネスブログの利用促進を目指して「Movable Type コンテスト 2005」開催

GMOホスティングアンドテクノロジーズ株式会社は、ウェブログ(以下、ブログ)・ソフトウェア「Movable Type ※」の利用普及を促進する活動の一環として「Movable Typeコンテスト 2005(公式サイトURL: http://mt.rsh.jp/)」を2005年6月29日から9月16日まで開催いたします。

※「Movable Type」 米国シックス・アパート社にて開発されたブログ構築用のサーバ・ソフトウェア。

◆ ◆ ◆

個人利用者を中心に急速に拡大しているブログ市場ですが、個人事業者や企業のブログ導入への姿勢はまだ消極的であり、ブログ市場の更なる活性化のためには啓蒙的な普及活動が求められています。GMO H&Tではホスティングブランド「ラピッドサイト(URL: http://rapidsite.jp/)」のサービスにMovable Typeを標準搭載して販売するなど、個人事業者や企業を対象としてブログによるウェブサイト構築・運営を積極的に推進してまいりましたが、このたびの「Movable Typeコンテスト」開催を通じ、個人・個人事業者や企業など幅広い利用者層でのMovable Typeの認知度を高めると同時にブログ普及を一層促進するよう目指します。

【Movable Typeコンテスト 2005概要】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<主催>
GMOホスティングアンドテクノロジーズ株式会社

<共催(順不同)>
シックス・アパート株式会社(URL:http://www.sixapart.jp/
株式会社メディアカイト(URL:http://www.media-kite.co.jp/
株式会社 ライトアップ(URL:http://www.writeup.jp/
有限会社フィールド(URL:http://www.fieldweb.co.jp/
有限会社グロービズ(URL:http://globiz.jp/
アロマネット株式会社(URL:http://www.aromanet.co.jp/

<メディアスポンサー(順不同)>
株式会社インプレス(URL:http://www.impress.co.jp/
株式会社サイビズ(URL:http://www.cybiz.co.jp/
株式会社技術評論社(URL:http://www.gihyo.co.jp/
株式会社 アスキー(URL:http://www.ascii.co.jp/

<募集期間>
2005年6月29日(水)~2005年9月16日(金)

<応募資格>
Movable Typeで作成されたウェブサイト(コンテンツ)を応募時から結果発表までの間、広く一般的に公開している個人・法人

<応募方法>
公式サイトの専用応募フォームより登録(オンラインのみ)

<各賞>
■グランプリ(1名) 
■準グランプリ(1名) 
■優秀賞(3名) 
■審査員特別賞(8名)

<審査発表>
2005年10月中旬 受賞者にメールにて通知、また公式サイトで発表
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■審査方法および審査委員会について
ブログの総合性、操作性、デザイン性、独自性、コンテンツ内容など規定の審査項目において審査されます。審査委員会の構成は、以下のとおりです。

●審査委員長(敬称略)
関 信浩 (シックス・アパート株式会社 代表取締役)

●審査委員(順不同・敬称略)
青山 満  (GMOホスティングアンドテクノロジーズ株式会社 代表取締役)
平田 大治 (シックス・アパート株式会社技術担当執行役員)
飼沼 憲泰 (株式会社メディアカイト 代表取締役)
白石 崇  (株式会社 ライトアップ 代表取締役)
岡田 剛和 (有限会社フィールド 代表取締役)
木嶋 諭  (有限会社グロービズ 代表取締役)
中村 義和  (アロマネット株式会社代表取締役)
馮 富久   (株式会社 技術評論社 Software Design 編集長)

なお、コンテスト開催にあたり、共催およびメディアスポンサーの企業様より賛同文を頂戴しております(順不同)。

* 米シックス・アパート(Six Apart Ltd.)Ben Trott, co-founder and CTO Mena Trott, co-founder and president
We are excited to hear about GMO H&T contest that will highlight the best Japanese Movable Type sites. Japanese users have always been very enthusiastic and creative Movable Type users, and we are grateful for everyone’s support. Japanese users have been crucial to helping us grow Movable Type to where it is now, and we love seeing Movable Type spread in Japan. We look forward to seeing new sites and new ideas emerge. Thank you!
私たちは、日本でMovable Typeのベストサイトを決めるコンテストが開催されることを大変喜んでおります。日本のMovable Typeユーザーは、常にとても熱心でクリエイティブです。私たちは、皆さんからのサポートに感謝しています。日本のユーザーの存在は、Movable Typeの育成にとってとても大切な存在であり、私たちは日本におけるMovable Typeがますます盛り上がっていくことをとても楽しみにしています。このコンテストで新しいブログ、新しいアイデアが出てくることを、心から楽しみにしています。主催してくれたGMO H&Tの皆さん、参加してくれる皆さん、どうもありがとう!

* シックス・アパート株式会社 代表取締役 関 信浩 様
このたびのコンテストは、他社に先駆けてMovable Type向けのホスティング・ソリューションを提供してきたGMO H&Tならではの企画でしょう。このコンテストをきっかけに、ウェブログを利用したWebサイト構築の楽しさと魅力を、さらに多くのユーザーに実感していただけるものと期待しています。Movable Typeならではの、多機能でユニークなWebサイトの応募を楽しみにしています。

* 株式会社メディアカイト 代表取締役 飼沼 憲泰 様
近年のブログの興隆には目を見張るものがあります。私どもメディアカイトは「Movable Typeレンタルサーバーパック」を始めとしたブログ関連パッケージ商品で、Movable Typeの普及のお手伝いをさせていただいております。今回このような形でコンテストを共催させて頂くにあたり、ユニークで、多くの方の目標となるようなMovable Typeを使ったWebサイトが登場してくることを期待しております。

* 株式会社 ライトアップ 代表取締役 白石 崇 様
ライトアップでは、Movable Typeを活用してウェブサイトの本来の特徴であるコミュニケーションツールとしての利用が促進できることを願っております。このようなコンテストを通じてMovable Typeの様々な利用法が広まれば非常に嬉しいことだと思います。

* 有限会社フィールド 代表取締役 岡田 剛和 様
このたびMovable Typeコンテストに協賛させていただけたことを大変嬉しく思っております。「Dr.Blog-ブログ研究室-」の運営を通じて様々なユーザー様のサイトを拝見させていただいておりますが、どのサイトも個性的なものばかりです。今回のコンテストでも多くの個性的なサイトがエントリーされることを期待しております。弊社としましても、Movable Typeの魅力をもっと多くの方に知って頂けるよう、「フィールドビジネスブログ」をはじめ、今後も様々なサービスをご提供していきたい と思っております。

* 有限会社グロービズ 代表取締役 木嶋 諭 様
グロービズは、GMO H&T様主催「Movable Typeコンテスト」の開催を喜ばしく思います。本コンテストを通じてより多くの人がインターネット上で自己表現をすることで、日本国内のインターネット産業のさらなる発展につながることを期待しています。

* アロマネット株式会社 代表取締役 中村 義和 様
アロマネット株式会社では、Movable Typeの拡張性、カスタマイズ性に注目しています。今後市場の拡大とともに、多くのブログエンジニアが必要とされ、当社でも技術者向けセミナー、学習教材等、積極的にサポートを行っております。今回のコンテストにもオリジナリティあふれる技術力をアピールしたサイトの応募に期待しております。

以上

  • 当サイトではプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバー証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバー証明書の検証結果をご確認ください。

  • DNV

    ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」並びに「JIS Q 27001:2006」を2006年11月に取得しました。