ニュースニュース
SSLサーバ証明書の設定状況や信頼性を簡単にチェック 無償ウェブサービス「SSLチェックツール」を正式提供開始
  • 2012-12-04
  • GMO GlobalSign

SSLサーバ証明書の設定状況や信頼性を簡単にチェック 無償ウェブサービス「SSLチェックツール」を正式提供開始

SSLサーバ証明書の設定状況や信頼性を簡単にチェック
無償ウェブサービス「SSLチェックツール」を正式提供開始

 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社の連結会社で、電子認証サービスを展開するGMOグローバルサイン株式会社(代表取締役社長:中條 一郎 以下、GMOグローバルサイン社)は、試験的に提供していたSSLサーバ証明書の設定状況や信頼性を確認できる無償のウェブサービス「SSLチェックツール」(URL:https://sslcheck.globalsign.com/jaを本日2012年12月4日(火)より正式に提供開始いたしました。
 

「SSLチェックツール」についてURL:https://sslcheck.globalsign.com/ja

  通常SSLサーバ証明書の設定状況や信頼性などを確認するためには、その都度ウェブブラウザを通じて情報を確認しなければなりません。この度GMOグローバルサイン社が提供開始した「SSLチェックツール」は、SSLサーバ証明書の発行元を問わず、フォームにSSLサーバ証明書のコモンネームを入力するだけで簡単にSSLサーバ証明書の設定状況の確認や、信頼性の診断などができるツールです。ウェブサイト上からどなたでも無償でご利用いただけるので、ご利用中のSSLサーバ証明書の信頼性を簡単に確認可能です。
 
 
 

「SSLチェックツール」で確認可能な主な項目

(1) SSLサーバ証明書のステータス
SSLサーバ証明書の有効期限や発行元などSSLサーバ証明書の詳細を確認することができます。
(2) 証明書の設定状況
SSLサーバ証明書の設定状況および、中間CA証明書1の設定状況の確認により、SSL暗号化通信が正常に行えるかを点検することができます。
(3) SSLサーバ証明書の信頼性
サーバに設定されているSSLサーバ証明書に信頼性の低いハッシュ関数2や鍵長3が使用されていないかを点検することができます。
(4) サーバの安全性
安全性が低いとされている通信方式を禁止しているか、またSSL暗号化通信に関する一部の脆弱性に対応しているかなど、サーバの安全性に関する設定状況を確認することができます。
※1:中間CA証明書とは、ルート認証局から発行される証明書でエンドエンティティ証明書に署名するために用いられます。中間CA証明書を利用することで証明書のセキュリティが向上します。
※2:ハッシュ関数とは、1つのテキストデータを別の固定長テキストデータへと変換するアルゴリズムのこと。暗号化や改ざん検知などに用いられる。
※3:鍵長とは、暗号化などに使用される暗号鍵データ量のこと。鍵長が長いほど暗号の強度が上がる。

 

■コモンネーム入力画面

20121203_1.jpg

 

■結果表示画面

20121203_2.jpg

 
「SSLチェックツール」の総合得点評価では、SSLの研究を行ってる「Qualys SSL Labs」が開発した評価システムを利用しています。「Qualys SSL Labs」とは、オンデマンド脆弱性管理およびポリシーコンプライアンスソリューションのリーディングカンパニーである米国Qualysが運営しているSSLの研究所です。非営利で活動しており、SSLの検査を支援するためのサービス等を無償提供しています。QualysはSSLに関心のある個人や組織からの「Qualys SSL Labs」への参加を歓迎しています。詳細は、 https://www.ssllabs.comをご覧ください。
 
 GMOグローバルサイン社は、電子証明書業界のリーディングカンパニーとして「もっと信じられるインターネットを」の実現に向け、今後もお客様のニーズに応じた利便性の高いサービスの提供に努めてまいります。
 
 

【GlobalSignとは】

 世に電子認証サービスが登場し始めた初期段階の1996年にベルギーでサービスの提供を開始し、ヨーロッパで初めてWebTrustを取得した認証局です。ベルギー政府関連機関への数多くの実績を持ち、eID※(BELPIC)をはじめとするベルギー電子政府プロジェクトの最上位認証局である、ベルギー政府認証局への認証を行っています。2006年にGMOインターネットグループにジョインし、政府レベルのセキュリティを、日本をはじめワールドワイドに販売展開しております。現在では、40万枚以上のSSLサーバ証明書発行実績をはじめ、政府関連機関や大手企業へ多数の納入実績があります。また、『CABF(CA/Browser Forum)』、『Anti-Phishing Working Group』に参加し、電子証明書市場のリーディングカンパニーとして積極的な活動を行っています。
※eID:ベルギーの電子政府プロジェクトの一環として始まった国民ID カードプロジェクト。12歳以上のベルギー全国民に対して電子証明書入りのIDカードが配布される。
 
 

【サービスに関するお問い合わせ先】

◆GMOグローバルサイン株式会社 マーケティング部 是次
TEL:03-6809-0196 FAX:03-5728-1552  E-mail:info@globalsign.co.jp
 
 

【報道関係お問い合わせ先】

◆GMOクラウド株式会社 コーポレート部 遠藤・古見
TEL:03-6415-6100 FAX:03-6415-6101  E-mail:pr@gmocloud.com
 
◆GMOインターネット株式会社 グループ広報部・IR部 福井・石井
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp

 

【GMOグローバルサイン株式会社】(URL: http://jp.globalsign.com/)

会社名
GMOグローバルサイン株式会社
所在地
東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者
代表取締役社長 中條 一郎
事業内容
■情報セキュリティ及び電子認証業務事業
資本金
3億5,664万円

【GMOクラウド株式会社】(URL: http://www.gmocloud.com/)

会社名 GMOクラウド株式会社(東京マザーズ 証券コード:3788)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役社長 青山 満
事業内容 ■ホスティングサービス事業
■セキュリティサービス事業
資本金 9億1,007万円(2012年3月末現在)
 
 

【GMOインターネット株式会社】(URL: http://www.gmo.jp/)

会社名 GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容
■WEBインフラ・EC事業
■インターネットメディア事業
■インターネット証券事業
■ソーシャル・スマートフォン関連事業
資本金 30億円


 

  • 当サイトではプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバー証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバー証明書の検証結果をご確認ください。

  • DNV

    ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」並びに「JIS Q 27001:2006」を2006年11月に取得しました。

  • 当サイトでは、高機能マルウェア検知通知ツールのWebAlertにてマルウェアの検知を行い、Webサイトの安全性を維持しています。