ニュースニュース
GMOグローバルサイン社、SHA2対応のタイムスタンプ(*1)局証明書(TSA証明書)が 国内で初めて北海道総合通信網社のタイムスタンプ付与サービスに採用
  • 2011-10-21
  • GMO GlobalSign

GMOグローバルサイン社、SHA2対応のタイムスタンプ(*1)局証明書(TSA証明書)が 国内で初めて北海道総合通信網社のタイムスタンプ付与サービスに採用

GMOグローバルサイン社
SHA2対応のタイムスタンプ(*1)局証明書(TSA証明書)が
国内で初めて北海道総合通信網社のタイムスタンプ付与サービスに採用

GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社の連結会社で、電子認証サービスを展開するGMO グローバルサイン株式会社(代表取締役社長:中條 一郎 以下、GMOグローバルサイン社)の次世代暗号アルゴリズム「 SHA-2(シャーツー)」に対応したGlobalSignのタイムスタンプ局証明書(TSA証明書)(*2)が、北海道総合通信網株式会社(取締役社長 宮本 英一 以下、HOTnet社)が12月に提供開始予定のタイムスタンプ付与サービス「S.T.E.P Time Carve Service」において採用されましたのでお知らせいたします。

(*1) タイムスタンプとは、作成または更新された電子データにおいて、記録されている作成・更新日時といった確定日付に関する情報に改ざんがないことを証明する電子証明書のこと。電子データに対してタイムスタンプを施すことで、誰でも簡単に電子データが「いつから存在する情報か、改ざんされていない真正な情報か」を確認することができます。

(*2) タイムスタンプ用電子証明書(TSA証明書)とは、財団法人日本データ通信協会 タイムビジネス認定センターの厳正な認定基準を満たしたタイムスタンプ(時刻認証)局(=TSA:Time Stamping Authority)に対してのみ、認証局が発行することのできるサーバ証明書。認証局がタイムスタンプ局を運営する企業の実在性を認証し、また認証局によって暗号化されたタイムスタンプの発行が可能となります。


SHA-2(シャーツー)とは

  「SHA-2」とは、米国国家安全保障局(NSA)が設計し、米国国立標準技術研究所(NIST)が規格化した米国政府標準ハッシュ関数です。プログラムや文書などのデータが改変されていないか確認する方法のひとつで、現在主流の「SHA-1」よりも安全性が高く、次世代の方式として期待されています。この度、GlobalSignのTSA証明書を採用いただいたことにより、HOTnet社の「S.T.E.P Time Carve Service」は、セキュリティ強度の高いタイムスタンプ付与サービスの提供が実現可能となりました。

「S.T.E.P Time Carve Service」でのGlobalSignの TSA証明書採用について

  HOTnet社の「S.T.E.P Time Carve Service」とは、民間企業や官公庁を対象に、契約書や機密文書、法的保護が必要となるデジタル文書に対して、確定日付を証明するタイムスタンプを付与するサービスです。HOTnet社のイーサ回線(閉域網)やインターネット回線(VPN)を使用して、HOTnet社のタイムスタンプ局(TSA)からタイムスタンプが発行されます。また、タイムスタンプ主局を北海道に、副局を横浜に保有しているため、万一どちらかで災害が発生した時でもタイムスタンプをご利用いただけます。


GlobalSignの TSA証明書採用の主な理由

1. 財団法人日本データ通信協会のタイムビジネス認定センター(*3)が2012年3月末までを目標として、TSA局及びTA局において利用する暗号アルゴリズムを、より強度の高いものへ移行させる指針を示している。
2. Internet Explorer?やFirefox?などブラウザベンダーが推奨する、証明書の階層構造(ルート証明書のオフライン運用による3階層モデル)に準拠している。
3. スカパーJSAT社の時刻配信(TA)局での、GlobalSign TA証明書の採用実績。
4. タイムビジネス認定センターの指針(*3)やブラウザベンダーが推奨するモデル(*4)に準拠している。

(*3) タイムビジネス認定センターが2012年3月末までを目標として、TSA局及びTA局において利用する暗号アルゴリズムを、より強度の高いものへ移行させる指針。(URL:http://www.dekyo.or.jp/tb/data/100708.pdf
(*4)IEやFireFoxなどブラウザベンダーが推奨する、証明書の階層構造(ルート証明書のオフライン運用による3階層モデル)に準拠。


◆GlobalSignとは

  世に電子認証サービスが登場し始めた初期の段階より、ベルギーで10年以上にわたって電子認証サービスの提供を行ってきた認証局です。ベルギー政府関連機 関への数多くの実績を持ち、eID※(BELPIC)をはじめとするベルギー電子政府プロジェクトの最上位認証局である、ベルギー政府認証局への認証を 行っております。2006年にGMOインターネットグループ傘下となり、政府レベルのセキュリティを、日本をはじめワールドワイドに販売展開しております。

※eID:ベルギーの電子政府プロジェクトの一環として始まった国民ID カードプロジェクト。12歳以上のベルギー全国民に対して電子証明書入りのIDカードが配布される。
 
主な実績:(数値は累積発行数)
  • 10万枚以上のSSLサーバ証明書発行実績
  • 140万枚を超える電子証明書発行実績(個人向けデジタルID・ウェブサイト・ICカード向けなどを全て含む)
  • 合計2,000万枚以上の証明書発行実績を持つパブリックルート認証局(下位認証局からの発行含む)
  • 政府関連機関をはじめとするベルギー官公庁・大手企業への数多くの納入実績
 
主なプロフィール:
  • ヨーロッパで初めてWebTrustを取得した認証局
  • CABF(CA/Browser Forum)メンバー
    日本ではGMOグローバルサインがJCAF(日本電子認証協議会)のメンバーとして参加
  • Anti-Phishing Working Groupメンバー

 

【サービスに関するお問い合わせ先】

◆GMOグローバルサイン株式会社 マーケティング部 是次
TEL:03-5728-1551 FAX:03-5728-1552  E-mail:pr@globalsign.co.jp

【報道関係お問い合わせ先】

 
◆GMOクラウド株式会社 経営財務本部 広報担当 加藤
TEL:03-6415-6100 FAX:03-6415-6101  E-mail:pr@gmocloud.com
 
◆GMOインターネット株式会社 グループ広報部 細田・石井
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp

 

 

【GMOグローバルサイン株式会社 会社概要】

会社名 GMOグローバルサイン株式会社 <http://jp.globalsign.com/>
所在地 東京都渋谷区桜丘町20番1号 渋谷インフォスタワー
代表取締役社長 中條 一郎
事業内容 ■情報セキュリティ及び電子認証業務事業
資本金 3億5,664万円

【GMOクラウド株式会社 会社概要】

会社名 GMOクラウド株式会社 <http://gmocloud.com/>
(東証マザーズ 証券コード:3788)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役社長 青山 満
事業内容 ■ホスティングサービス事業
■セキュリティサービス事業
資本金 9億1007万円(2010年12月末現在)
 
 
 

【GMOインターネット株式会社 会社概要】

会社名 GMOインターネット株式会社 <http://www.gmo.jp/>
(東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役会長兼社長 熊谷 正寿
事業内容
■WEBインフラ・EC事業
■インターネットメディア事業
■インターネット証券事業
■ソーシャル・スマートフォン関連事業
資本金 20億円

以上

  • 当サイトではプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバー証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックにより、サーバー証明書の検証結果をご確認ください。

  • DNV

    ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」並びに「JIS Q 27001:2006」を2006年11月に取得しました。

  • 当サイトでは、高機能マルウェア検知通知ツールのWebAlertにてマルウェアの検知を行い、Webサイトの安全性を維持しています。