伊藤 摩衣子

座右の銘「信は力なり」

伊藤 摩衣子

Q1. 現在担当している仕事内容を教えてください。

社会保険の手続きや、臨時従業員の管理、採用の仕事、新入社員研修など、「労務」や「人事」の仕事をメインに行っています。私は、入社して約2年半、カスタマーサポート部でお客さまからのお問い合わせ対応や、新人教育などを行いました。そして、1年半ほど前に総務部に異動してきたのですが、総務部の仕事はカスタマーサポート部の仕事とリンクする部分も多く、カスタマーサポート部で培った経験が今も生かせています。

Q2. 仕事のやりがいは?

部署や役職、雇用形態に関係なく、全社員と接する機会があることです。こちらから何か依頼をしたり、質問を受けたり、ただ書類を渡すだけだったり、関わり方はさまざまです。最近は、採用の仕事にも関わるようになり、入社前の方と接する機会ができました。

GMOクラウドに興味をもち、応募をしてくれたところから、内定に至るまでの経緯を知ることで、入社後、配属された部門に溶け込んで仕事している姿を見ると嬉しくなります。気軽に声をかけてくれることも、この仕事をしていて良かったと思う瞬間です。

Q3. 仕事の厳しさは?

社内外問わず、人と接する機会が多いため、その方たちと会話のやり取りがスムーズに進むよう、幅広い知識が求められることです。会話の相手が入社を志望する学生であれば、GMOクラウドの会社概要やサービスだけでなく、インターネット業界の動向も把握している必要がありますし、また、相手が法律の専門家であれば、法律の知識についてもある程度知っていなければなりません。

IT業界は変化が激しいので、一度覚えた知識も数カ月したら古い知識になってしまいます。「常に最新の情報を入手する」というのが、今の私の一番の課題でもあり、仕事における厳しさです。

Q4. 仕事を通して身につけた力やスキルは?

手帳を使って行うタスク管理です。たくさんの仕事を抱えていると、何が最優先なのかわからなくなってしまったり、突発的な仕事が入ると、すぐに終わるような仕事もうっかり忘れてしまったり・・ということがよくありました。小さな仕事も大きな仕事もすべて手帳に書き留めることで、一つずつ漏れなく終えられるようになったと感じています。

Q5. 今まで関わった仕事の中で忘れられない出来事は?

新卒採用セミナーです。私は大学生の頃に、GMOクラウドの新卒セミナーに参加し、自由な社風と、仕事に誇りを持って働く先輩社員と出会い、「この会社で働きたい!」と感じました。その新卒セミナーに今度は私が先輩社員として参加・・・ということで、初回はかなり緊張していたことを覚えています。今も緊張しますが、取り繕わず、GMOクラウドのありのままの良さを伝え、参加してくれた学生が「この会社で働きたい!」と感じてくれたら嬉しいです。

Q6. 今後GMOクラウドでやっていきたいことや目標を聞かせてください。

「教育」についてもっと学びたいと思っています。今まで、教育に関わる機会はありましたが、マニュアル通り、もしくは自己流で行なっていました。しかし、「教育」には、人に伝えるための研修プログラムの立て方や、ワークショップの方法、講師としての立ち振る舞い方など、奥深いスキルがあることを知りました。「伝える研修」でなく「伝わる研修」が出来るよう、社外の研修に参加したり、教育に関する書籍を読んだりして、スキルを磨いていきたいと思っています。

今別府 採用 後輩社員、久木田 敬志さんを紹介してください!
伊藤 ito 明朗快活で、見かけるだけで笑顔になってしまうような、人に元気を与えられる人です。
普段は『くっきー』と呼んでいます。くっきーが1年目のときに、数カ月間OJTを担当しましたが、その時に、この会社での目標を熱く語ってくれました。早く仕事を覚えたいと、貪欲に勉強をしていた姿もよく覚えています。
お洒落なカフェ巡りが好きで、お昼休憩の1時間で、会社から離れた代官山のカフェまで行ったこともあるようです。くっきーに声をかけるとしたら『今度オススメのカフェを紹介するね!』です。

久木田 kukita 久木田 敬志さんの紹介はこちら