• 2020-06-01
  • GMOクラウド

メーター点検業務をAIで効率化する「hakaru.ai byGMO」が 「KDDI IoTクラウドStandard」の「検針オプション」として正式採用

メーター点検業務をAIで効率化する「 hakaru.ai ハカルエーアイ byGMO」が
「KDDI IoTクラウドStandard」の「検針オプション」として正式採用

 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社(代表取締役社長:青山 満 以下、GMOクラウド)が提供するメーター点検業務をAIで効率化するサービス「hakaru.ai byGMO(以下、hakaru.ai)」はこの度、独自の画像認識技術が評価され、KDDI株式会社(代表取締役社長:髙橋 誠 以下、KDDI)が提供する「KDDI IoTクラウドStandard」の新たなメニューとなる「検針オプション」に採用されました。
 「KDDI IoTクラウド Standard」は、データの見える化・アラート通知・データ蓄積などIoT/M2Mに 必要な機能を標準装備したKDDIが提供するクラウドサービスです。
 「KDDI IoTクラウド Standard」では、「hakaru.ai」のAIによる画像認識技術を活かし、メーターを撮影することでその値を読み取り、ビルや製造・設備の現場におけるメーター点検・検針業務の効率化を実現するオプション機能「KDDI IoTクラウドStandard 検針オプション(以下、「検針オプション」)」を本日2020年6月1日(月)より提供開始しました。


<「KDDI IoTクラウド Standard 検針オプション」概念図・利用イメージ>

【「hakaru.ai」採用の背景】

 製造業やビルメンテナンス業界などにおいては、複数のアナログメーターの定期的な点検・検針のために、人が目視でメーターを読み取り、点検簿に記入したデータを手入力して管理していることが多く、作業時間や誤検針の発生などの課題があります。
 こうした中KDDIは、イベント会場・遠隔地の設備管理におけるお客様のコスト削減・業務効率化を支援するため、2,000種類以上のセンサーや監視カメラに対応し、データの見える化・アラート通知・データ蓄積などを可能にするIoT/M2Mに必要な機能を標準装備したクラウドサービス「KDDI IoTクラウド Standard」を提供しています。
 一方、GMOクラウドの「hakaru.ai」は、工場やビルなどにある既存のメーターと、個別に発行したQRコードを一緒にスマートフォンで撮影するだけで、画像解析AIがメーターの値を読み取り、クラウド上にある台帳への記入が自動でできるサービスです。
 この度GMOクラウドの「hakaru.ai」が持つ、人による目視確認と同レベルの正確性でメーターの値を読み取れるという画像解析機能が評価され、KDDIの提供する「KDDI IoTクラウド Standard」のオプションサービス「検針オプション」として正式に採用されることとなりました。

■ご参考:「検針オプション」について

 KDDIの提供する「KDDI IoTクラウド Standard」のオプションサービス「検針オプション」は、スマートフォンに専用アプリをダウンロードし初期設定を行うことで、メーターを撮影するだけで、リアルタイムに正確な検針データを自動でクラウド上に蓄積・管理が可能となるサービスです。これによりメーターのほか、温湿度センサーなどさまざまなセンサーも「KDDI IoTクラウド Standard」上で一元管理が可能なため、データ管理業務の効率化にもつながります。

【「hakaru.ai」について】(URL:https://iot.gmocloud.com/hakaru-ai/

hakaru.ai(ハカル エーアイ)

 「hakaru.ai」は、工場やビルなどにある既存のメーターと、個別に発行したQRコードを一緒にスマートフォンで撮影するだけで、AIがメーターの値を読み取り、台帳記入が自動でできるサービスです。
 工場などの稼働・管理に欠かせない点検業務においては、メーターを目視で読み取り・手書きで紙台帳に記録し、数値をExcelなどの台帳に転記して管理する方法が一般的ですが、「hakaru.ai」では、メーターを撮影するだけで、こうした煩雑な業務をすべて自動で行います。これにより、作業時間の最大82%の削減を実現しています(ご利用企業実績)。また、異常値を検出すると管理者へ「hakaru.ai」が素早く自動通知するため、人的に行うことによる業務の一時中断や、連絡事項の伝え漏れのリスクを防ぐことが可能です。さらに、メーターの画像をクラウドサーバー上に保存しておけるので、いつでも閲覧ができ、点検のエビデンスとしてもご利用いただいています。スマートメーターへの付け替えがさまざまな理由で困難な状況において、大きな設備投資や工場の一時停止をせずに導入することができる、画像解析AIを実装したサービスです。

【「KDDI IoTクラウドStandard」について】
(URL:https://biz.kddi.com/service/iot/iot-cloud-standard/

 「KDDI IoTクラウド Standard」は、データの見える化・アラート通知・データ蓄積などIoT/M2Mに必要な機能を標準装備したクラウドサービスです。
 現地に設置したセンサーや、監視カメラに対応することでさまざまな用途に活用できます。また、専用画面のカスタマイズや帳票形式での出力にも対応しており、お客さまの業務効率化やコスト削減・売り上げ増を支援します。センサー・ゲートウェイ機器をセットにした「かんたんパッケージ」もご用意しており、届いたその日からご利用いただけます。

【GMOクラウド株式会社とは】

 ホスティング事業として1996年にサービスを開始して以来、国内およそ6,700社の販売代理店を有し、11万を超える法人のお客様のサーバー運用実績を持ちます。現在はクラウド事業を主軸に、国内・海外の企業に向けて最適なITインフラを提供しています。また、2017年からはAI/IoT事業にも注力しており、自動車向けIoTソリューションの開発や、画像解析AIを使ったサービスを提供するほか、一般社団法人 リテールAI研究会(https://retail-ai.or.jp/ )に正会員として所属。各種小売・メーカー企業が実際に抱えている課題のより良い解決に向けて尽力しています。さらに、連結会社のGMOグローバルサイン株式会社が中心となり展開する「GlobalSign」の電子認証サービスは、SSLの国内シェアが4年連続でNo.1(※1)で、欧米やアジア地域、中東地域など世界10ヵ国・地域の拠点を通じて世界に広がっています。
(※1)Netcraft社の「SSL Survey」より(2019年3月時点)

【サービスに関するお問い合わせ先】

●GMOクラウド株式会社 hakaru.aiサービスデスク
TEL:0800-1234-250 お問い合わせフォーム:https://form.gmocloud.com/iot/hakaru-ai/contact/

【報道関係お問い合わせ先】

●GMOクラウド株式会社 社長室 広報担当 遠藤・松下
TEL:03-6415-6100  E-mail:pr@gmocloud.com

●GMOインターネット株式会社 グループコミュニケーション部 広報担当 石井・高橋
TEL:03-5456-2695  E-mail:pr@gmo.jp

【GMOクラウド株式会社】 (URL:https://ir.gmocloud.com/

会社名 GMOクラウド株式会社 (東証第一部 証券コード:3788)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役社長 青山 満
事業内容 ■クラウド・ホスティング事業
■セキュリティ事業
■ソリューション事業
資本金 9億1,690万円

【GMOインターネット株式会社】 (URL:https://www.gmo.jp/

会社名 GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット金融事業
■暗号資産事業
資本金 50億円

※記載されている会社名、製品名は、各社の商標、もしくは登録商標です。

Copyright (C) 2020 GMO CLOUD K. K. All Rights Reserved.