• 2019-08-27
  • GMOクラウド

「GMO電子契約サービスAgree」、「kintone」向け帳票出力プラグイン「RepotoneU」と連携

「GMO電子契約サービスAgree」、
「kintone」向け帳票出力プラグイン「RepotoneU」と連携
「kintone」で帳票作成から、契約締結・保管・管理までシームレスに実現

 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社(代表取締役社長:青山 満 以下、GMOクラウド)が提供する、契約の締結から管理までをクラウド上で実現する電子契約サービス「GMO電子契約サービスAgree(以下、GMO電子契約Agree)」は、株式会社ソウルウェア(代表取締役:吉田 超夫 以下、ソウルウェア)が提供する、業務改善プラットフォーム「 kintone キントーン 」(サイボウズ株式会社提供)向け帳票出力プラグイン「 RepotoneU レポトンユー 」と、本日2019年8月27日(火)より連携を開始いたしました。
 これにより、「kintone」を導入する企業は、「RepotoneU」を利用することで、「kintone」で管理しているデータをもとに、PDFやExcel形式の帳票作成した後、「kintone」上で「GMO電子契約Agree」を通じて取引先へ送信・署名依頼、保管・管理までシームレスに行うことができます。(※1)

(※1)「RepotoneU」は、有料プランでのみご利用が可能となっており、初期費用250,000円(税抜)と月額費用35,000円(税抜)がかかります。

<連携イメージ>

連携イメージ

【連携の概要】

 「kintone」は、開発の知識がなくても自社の業務に合わせた業務アプリを簡単に作成でき、業務改善に役立てることのできる、クラウド型のグループウェアです。また、ソウルウェアの提供する「RepotoneU」は、「kintone」で管理しているデータをもとに、見積書や請求書、契約書などの帳票をPDFやExcel形式で出力することのできる、プラグイン型およびクラウド型のサービスです。
 従来、「kintone」を導入する企業が「GMO電子契約Agree」を活用する場合、ローカル環境で契約文書を作成した後、「GMO電子契約Agree」に文書をアップロードする必要がありました。
 そこで「GMO電子契約Agree」は、この文書アップロードの手間を省き、契約文書の作成から契約締結までの業務効率化を実現するべく、クラウド型の「RepotoneU」とサービス連携いたしました。
 この連携により、「kintone」を導入する企業は、「RepotoneU」を利用することで、「kintone」の管理画面から簡単な設定を行うだけで、「kintone」の管理画面上で見積書や請求書、契約書などの帳票を作成し、そのまま「GMO電子契約Agree」を通じて取引先へ送信・署名依頼・保管・管理まで一気通貫で行うことができます。また、取引先に送信・署名依頼を行った後は、「GMO電子契約Agree」上で保管・管理することができるので、帳票の作成・送信・署名依頼から保管・管理に至るまで、大幅な業務効率化とコスト削減を実現することができます。

<「kintone」操作イメージ>

「kintone」操作イメージ

 今後も「GMO電子契約Agree」は、外部サービスやアプリケーションとの連携を強化し、契約締結・管理に関わるあらゆる業務の効率化、コスト削減に貢献してまいります。

【「GMO電子契約Agree」について】(URL:https://www.gmo-agree.com/

 GMOクラウドが提供する「GMO電子契約Agree」は、契約の締結から管理までをワンストップで行えるクラウド型の電子契約サービスです。印紙税や郵送費の削減、契約締結にかかる手間の軽減や時間の大幅な短縮により、業務の効率化を実現することが可能です。国内シェアNo.1(※2)の電子認証サービスブランドで、アメリカやヨーロッパでも利用されているGMOグローバルサインの電子署名サービスと、GMOクラウドが20年以上に渡って提供してきたクラウド・ホスティングサービスの実績とノウハウを活かし、共同開発いたしました。

(※2)Netcraft社の「SSL Survey」より(2019年3月時点)

【「RepotoneU」について】(URL:https://www.repotone.com/

 株式会社ソウルウェアが提供する「RepotoneU」は、サイボウズ社のkintone上で管理している見積書、請求書、各種報告書などのあらゆるデータをPDFやExcel形式帳票に簡単に出力可能にします。プラグイン型のRepotoneU PDF/Excelとクラウド型のProがあります。

【「kintone」について】(URL:https://kintone.cybozu.co.jp/

 サイボウズ株式会社が提供する、業務アプリ開発プラットフォームです。事業の進捗を可視化するプロジェクト管理、空き家やふるさと納税返礼品等のデータベース、地域包括ケアシステムにおける関係機関との情報共有、職員向けのアンケート、避難所との情報共有等の災害対策など、お客様の用途に合わせた業務アプリの作成が可能です。

【GMOクラウド株式会社とは】

 1996年のサービス開始以来、ホスティング事業者として13万を超える法人のお客様のサーバー運用実績と国内およそ6,700社の販売代理店を有しています。2011年2月にクラウドソリューション「GMOクラウド」を立ち上げクラウドサービス事業に本格的に参入して以降、クラウド事業に主軸を置いて国内のみならず世界へ向けてサービスを展開し、グローバル企業を含む多くの企業に最適なITインフラを提供しております。また、2007年より「GlobalSign」の電子認証サービスを、連結会社のGMOグローバルサイン株式会社を中心にベルギー、英国、米国、中国、シンガポール、フィリピン、インド、ロシア、ドバイの拠点よりグローバルに展開しております。

以上

サービスご利用1000万件突破

【報道関係お問い合わせ先】

●GMOクラウド株式会社 社長室 広報担当 遠藤・松下
TEL:03-6415-6100  FAX:03-6415-6101  E-mail:pr@gmocloud.com

●GMOインターネット株式会社 グループコミュニケーション部 石井・高橋
TEL:03-5456-2695  E-mail:pr@gmo.jp

【サービスに関するお問い合わせ先】

●GMOクラウド株式会社 「GMO電子契約サービスAgree」運営事務局
TEL:03-6415-7444  お問い合わせフォーム:https://www.gmo-agree.com/form/

【GMOクラウド株式会社】 (URL:https://ir.gmocloud.com/

会社名 GMOクラウド株式会社 (東証第一部 証券コード:3788)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役社長 青山 満
事業内容 ■クラウド・ホスティング事業
■セキュリティ事業
■ソリューション事業
資本金 9億1,690万円

【GMOインターネット株式会社】 (URL:https://www.gmo.jp/

会社名 GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット金融事業
■仮想通貨事業
資本金 50億円

※記載されている会社名、製品名は、各社の商標、もしくは登録商標です。

Copyright (C) 2019 GMO CLOUD K. K. All Rights Reserved.