• 2018-11-16
  • GMOクラウド

組織外活動を支援する「ソトカツサポート制度」の対象に 国際スポーツ大会のボランティアを追加

組織外活動を支援する「ソトカツサポート制度」の対象に国際スポーツ大会のボランティアを追加
~「渋谷区独自ボランティア制度 公認講座」を開催~

 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社(代表取締役社長:青山 満 以下、GMOクラウド)と、連結会社であるGMOグローバルサイン株式会社(代表取締役社長:中條 一郎 以下、GMOグローバルサイン)は、パートナー(従業員)の成長機会創出を目的に組織外活動を支援する「ソトカツサポート制度」を拡充し、2019年1月より、国際スポーツ大会等のボランティアを対象活動に追加いたします。これにより、対象となるボランティア活動に参加するパートナーの、研修日および活動日すべてに特別有給休暇を付与します。
 また、GMOクラウドは、本制度を契機にスポーツボランティアの啓蒙活動を進めるとともに、本拠を置く渋谷区への地域貢献を図るべく、「渋谷区独自ボランティア制度」に賛同し、同制度へのエントリー者を対象とした公認講座を2018年12月に開催する予定です。

【「ソトカツサポート制度」拡充の背景と概要】

 GMOクラウドは2017年より、企業理念『One GMO CLOUD Way』のもと、GMOグローバルサインを含む連結会社の共通ミッションとして「コトをITで変えていく。」を、共通ビジョンとして「One&1st」を策定いたしました。(参考:『One GMO CLOUD Way』https://ir.gmocloud.com/company/one_gmocloud_way/
 GMOクラウドおよびGMOグローバルサインは、このようなミッションやビジョンの実現に向けて、全パートナーが一丸となって取り組めるよう、各種制度の整備を進めております。2018年度からは、ライフステージやライフスタイルの変化に応じて柔軟に働き方を変更できる「フレキシブルワークサポート制度」を開始いたしました。

■「ソトカツサポート制度」について

 「ソトカツサポート制度」は、「フレキシブルワークサポート制度」の一環として、パートナーの成長機会の創出を目的に2018年1月に導入した制度です。副業・複業を含め、パートナーの知識・能力・スキルの向上につながる組織外活動を対象に認可するとともに、特別有給休暇の付与をはじめ様々なサポートを行います。
 この「ソトカツサポート制度」の対象活動として、2019年1月より、国際スポーツ大会等のボランティアを追加し、その研修日および活動日すべてに特別有給休暇を付与いたします。ボランティア活動を通じて、多様な国籍・年代・職種の方々と交流することで、通常業務では得られない貴重な経験や、パートナーのキャリアアップ、自己実現につながる経験ができるよう後押しいたします。

<「ソトカツサポート制度」の拡充について>

制度名 「ソトカツサポート制度」国際スポーツ大会ボランティア枠
施行日 2019年1月1日
対象者 正社員・契約社員・アルバイト
対象活動 ・国際スポーツ大会に関するボランティア活動
・その他、災害復旧支援や地域福祉貢献等のボランティア活動 など
制度内容 研修日およびボランティア活動日すべてに特別有給休暇を付与
(研修日・活動日が休日の場合は、振替休日を付与)
取得上限回数 年間4日(※1)

(※1)2020年は大規模な国際スポーツ大会(オリンピック・パラリンピック競技大会等)が開催されることを想定し、特例として取得上限を年間5日~10日に引き上げます。

【「渋谷区独自ボランティア制度 公認講座」を開催】

 GMOクラウドは、この度の「ソトカツサポート制度」の拡充を契機に、スポーツボランティアの啓蒙活動を進めるとともに、本拠を置く渋谷区への地域貢献を図るべく、渋谷区のオリンピック・パラリンピック推進課が主導する「渋谷区独自ボランティア制度」に賛同いたします。これに伴い、「渋谷区独自ボランティア制度」に登録するうえで受講が必要となる、区の指定講座のひとつとして、「渋谷区独自ボランティア制度 公認講座」を開催いたします。

■「渋谷区独自ボランティア制度 公認講座」概要

開催日 2018年12月予定
*開催日時等の詳細は、対象者のみにご案内いたします。
会場 GMOインターネットグループ「シナジーカフェ GMO Yours」
(東京都渋谷区桜丘町26-12 セルリアンタワー)
テーマ ボランティア参加で得られる成長体験
講座内容 「さぁ、ボランティアをはじめよう」
講師 伊藤 数子 氏
(NPO法人STAND代表理事 / 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会顧問 / 広島大学客員教授)
対象者 以下のいずれかに該当する方
・「渋谷区独自ボランティア制度」に2018年11月15日時点でエントリーされている方
・GMOクラウド、GMOグローバルサインのパートナー

【「渋谷区独自ボランティア制度」について】

 「渋谷区独自ボランティア制度」は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会へ向けて、共助社会の実現と来訪者へのおもてなし活動の充実を目的に、ボランティアを育成し活動を促進するための制度です。
(参考:「渋谷区独自ボランティア制度」https://www.city.shibuya.tokyo.jp/bunka/olypara/volunteer/volunteer_seido.html

【GMOクラウド株式会社とは】

 1996年のサービス開始以来、ホスティング事業者として13万を超える法人のお客さまのサーバー運用実績と国内およそ6,500社の販売代理店を有しています。2011年2月にクラウドソリューション「GMOクラウド」を立ち上げクラウドサービス事業に本格的に参入して以降、クラウド事業に主軸を置いて国内のみならず世界へ向けてサービスを展開し、グローバル企業を含む多くの企業に最適なITインフラを提供しております。 また、2007年より「GlobalSign」の電子認証サービスを連結会社のGMOグローバルサイン株式会社を中心にベルギー、英国、米国、中国、シンガポール、フィリピン、インド、ロシア、ドバイの拠点よりグローバルに展開しております。さらに、2017年からはIoT事業を開始し、自動車向けIoTソリューションの開発や、無料コンサルティングでIoTビジネスの実現を支援する「IoTの窓口 byGMO」を提供しています。

【「GlobalSign」とは】

 世に電子認証サービスが登場し始めた初期段階の1996年にベルギーでサービスの提供を開始し、ヨーロッパで初めてWebTrustを取得した認証局です。ベルギー政府関連機関への数多くの実績を持ち、eID(※2)(BELPIC)をはじめとするベルギー電子政府プロジェクトの最上位認証局である、ベルギー政府認証局への認証を行っています。2006年にGMOインターネットグループにジョインし、政府レベルのセキュリティを、日本をはじめワールドワイドに販売展開しております。現在では、SSLサーバー証明書をはじめとした2,500万枚の電子証明書発行実績と、政府関連機関や大手企業へ多数の納入実績があります。
 また、『CABF(CA/Browser Forum)』、『Anti-Phishing Working Group』に参加し、電子証明書市場のリーディングカンパニーとして積極的な活動を行っています。
 (※2)「eID」とは、ベルギーの電子政府プロジェクトの一環として始まった国民ID カードプロジェクト。12歳以上のベルギー全国民に対して電子証明書入りのIDカードが配布される。

【報道関係お問い合わせ先】

●GMOクラウド株式会社 社長室 広報担当 遠藤・松下
TEL:03-6415-6100  E-mail:pr@gmocloud.com

●GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 石井・島田
TEL:03-5456-2695  E-mail:pr@gmo.jp

【GMOクラウド株式会社】 (URL:https://ir.gmocloud.com/

会社名 GMOクラウド株式会社 (東証第一部 証券コード:3788)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役社長 青山 満
事業内容 ■クラウド・ホスティング事業
■セキュリティ事業
■ソリューション事業
資本金 9億1,690万円

【GMOグローバルサイン株式会社】 (URL:https://jp.globalsign.com/

会社名 GMOグローバルサイン株式会社
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役社長 中條 一郎
事業内容 ■情報セキュリティおよび電子認証業務事業
資本金 3億5,664万円

【GMOインターネット株式会社】 (URL:https://www.gmo.jp/

会社名 GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット金融事業
■仮想通貨事業
資本金 50億円

※記載されている会社名、製品名は、各社の商標、もしくは登録商標です。

Copyright (C) 2018 GMO CLOUD K. K. All Rights Reserved.