社長挨拶

世界のIoTデバイスの数は2020年には、300億に達すると予測されています(※)。
また、日本においても、AI・IoTなどを用いたイノベーションを取り入れることで中長期成長を目指す方針が、 政府の「未来投資戦略2017」において示されています。

現在でも、私たちの日常生活や社会活動には、さまざまな変革がおきているものの、この流れは今後さらに速くなり、これまでに体験したことのない「はじめて」に遭遇する機会もますます増えていくと思います。

当社グループでは、このような時代潮流を読み、平成29年に創業時からの私たちの使命、理念を改めて"コトをITで変えていく。" という言葉で表現いたしました。
また、私たちの目指す姿として"One & 1st" を掲げ、当社グループ一丸となりシナジーを生み出し、日本 初、世界初の「はじめて」を追い求めていく決意を掲げました。

青山満


事業においては、IoT事業、その中でもデータ管理、蓄積などを扱うIoTプラットフォームの提供、そして通信の「セキュリティ」に注力していく方針です。
また、組織体制においては、改めて事業を成長させるのは「人」であることを認識し、一人一人が最高のパ フォーマンスを出せるように、私がグループCHRO(最高人事責任者)に就任しました。

今後もグループ一丸となり事業を進めてまいりますので、当社グループの今後の動きにご注目いただくとともに、一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。
(※)総務省 平成29年版情報通信白書より

GMOクラウド株式会社 代表取締役社長 青山満