業績ハイライト

売上高

2018年12月期の売上高は、12,738百万円(前年同期比4.4%増)となりました。
当社グループは、3つの事業を営んでおり、各事業の主な売上高への影響は以下のとおりです。

クラウド・ホスティング事業
既存ホスティングサービスは緩やかに減少傾向にあるものの、クラウドサービス売上高は増加しました。

セキュリティ事業
IoT関連への技術投資、協業加速をしてきました。また、海外を中心に売上高が増加しました。

ソリューション事業
企業のIoT・AIをサポートする「IoTの窓口 byGMO」は、様々な実証実験を実施してまいりました。
電子契約サービス「GMO電子契約Agree」、ネットワークエンジン「Photon」が順調に推移し売上高は増加したものの、2017年のGMOスピード翻訳売却により売上高は減少しました。

事業別売上高推移 (単位:百万円)
2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
クラウド・ホスティング
事業
5,736 5,653 5,707 5,578
セキュリティ
事業
4,401 5,150 5,666 6,408
IAM
事業
214 160
ソリューション
事業
1,087 1,085 1,093 1,033
消去又は全社 △162 △194 △260 △281
連結売上高

営業利益

2018年12月期の営業利益は、1,408百万円(前年同期比32.7%増)となりました。

クラウド・ホスティング事業
サービス統廃合等による原価削減、一部商材の価格改定を行った結果、営業利益率が増益しました。

セキュリティ事業
売上の増加と売上原価の外注費減少により増益となりました。

ソリューション事業
次の成長に向けたIoT関連事業への投資を継続したことにより損失増益となりました。

連結営業利益推移 (単位:百万円)
2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
連結売上高 11,278 11,854 12,206 12,738
売上原価 4,660 4,961 5,087 4,887
販売費および
一般管理費
6,138 6,046 6,058 6,442
クラウド・ホスティング
事業
208 358 263 301
セキュリティ
事業
832 977 995 1,463
IAM
事業
△473 △419
ソリューション
事業
△88 △76 △200 △364
消去又は全社 0 4 2 7
営業利益

当期純利益

2018年12月期の親会社株主に帰属する当期純利益は956百万円(前年同期比50.5%増)となりました。

親会社株主に帰属する当期純利益 (単位:百万円)
2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
営業利益 480 845 1,061 1,408
営業外損益 79 △49 26 81
経常利益 559 795 1,087 1,490
特別損益 89 △53 △120 △356
法人税等/
少数株主損益
△322 △251 △332 △177
親会社株主に帰属する当期純利益

配当額

以上の結果により、1株当たり当期純利益は83.04円となりました。配当性向は連結当期純利益の50%以上を一つの指標とする当社の方針に基づき、1株当たり41.52円の配当を実施しました。

※2014年4月1日付で、普通株式1株につき100株の割合をもって分割する株式分割を実施いたしました。

年度別連結EPSおよび配当実施額推移 (単位:円)
2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
1株当たり
当期純利益
28.10 42.47 55.17 83.04
配当実施額 14.00 21.25 27.60 41.52